長野県千曲市屋代|しろくまペイントの施工事例をご紹介します。

tel.0120-460-461

無料外壁・屋根診断

タップをして電話をかける

メニューを開く

CASE

施工事例

CASE

2022/03/11

外壁塗装

シーリング工事

長野県千曲市屋代
千曲市屋代で窯業系サイディングの塗装工事を行いました

Before

千曲市屋代で窯業系サイディングの塗装工事を行いました Before 写真

After

千曲市屋代で窯業系サイディングの塗装工事を行いました After 写真

千曲市屋代で窯業系サイディングの塗装工事を行いました『ツートンカラー・フッ素塗料』

施工地域 千曲市屋代
施工場所 戸建て住宅
施工内容 外壁・付帯部塗装・コーキング
施工経緯 ホームページからお問い合わせをいただきました
使用材料 外壁…アステックペイント 超低汚染プラチナリファイン2000MF
コーキング…オート化学工業 オートンイクシード

ホームページからお問い合わせをいただき、千曲市屋代で戸建て住宅の塗装を行いました。
外壁の種類が窯業系サイディングなので、施工前に見るポイントはコーキングの劣化や外壁材の反りや浮き・凍害による腐食・サイディングを固定している釘やビスの抜け、外壁材のひび割れ等多岐にわたります。
目に見える劣化の原因を追究せずそのまま塗装や改修工事をしたとしても年数が経過すると同じようなことが原因で劣化を起こす事が考えられます。
経年劣化という言葉だけで終わらせずに原因も考えそれに対しての提案をする事がとても重要です。

今回の施工ではコーキングの劣化が進行していたのでコーキングを新しいものに打ち替えしております。
コーキングは防水と揺れへの追従という大きな役割を持っているので塗装工事をする際には必ずといっていいほど新しいものに交換しなければなりません。
コーキング以外では外壁材や塗膜の劣化が挙げられます。
塗膜が劣化している状態で雨水の影響をうけると外壁材が水分を吸収してしまうため、外壁材自体の体積が増える事になります。
その収縮が続く事で外壁材には大きなダメージが加わる事となり、反りや浮き・腐食といった具合で劣化が起こります。
下記の写真のような状態であれば早めにメンテナンスをしましょう。

左:サイディング材の凍害   右:コーキング材の劣化

コーキングの劣化

外壁の塗膜劣化

コーキングを打ち替えてから高圧洗浄を行い、汚れや脆弱になった塗膜を流し落とします。
高圧洗浄をした後は乾燥期間を置いてから塗装工事を始めていきます。
乾燥期間を置かずに塗装をしてしまうと塗膜が将来的に膨れてしまう原因につながるので、乾燥時間は必要な作業工程のひとつです。
その後下塗り→中塗り→上塗りといった形で作業を進めていきます。
使用する塗料もそれぞれですが、塗料の攪拌や希釈をしっかりと行うのも大事な作業です。
塗料を薄めすぎると塗料が乾燥した時に塗膜性能が100%の状態で発揮する事ができず、硬化不良や艶引けが早いなどの問題が発生します。
そのため塗料の特性だけでなく気候や温度といった細かい部分まで気にしながら塗装を進めなければならないのです。

コーキング施工後

千曲市の施工事例

千曲市八幡でALCの外壁を汚れの付きにくいフッ素塗料で塗装しました

千曲市屋代で金属屋根を高耐候遮熱フッ素塗料にて塗装を行いました

建物の劣化診断・塗装や防水工事について聞きたい方へ

お問い合わせ

ページの先頭へ戻る

0120-460-461

無料外壁 屋根診断