長野県千曲市屋代|しろくまペイントの施工事例をご紹介します。

tel.0120-460-461

無料外壁・屋根診断

タップをして電話をかける

メニューを開く

CASE

施工事例

CASE

2021/07/02

屋根塗り替え

長野県千曲市屋代
千曲市屋代で金属屋根を遮熱塗料にて塗装を行いました

Before

千曲市屋代で金属屋根を遮熱塗料にて塗装を行いました Before 写真

After

千曲市屋代で金属屋根を遮熱塗料にて塗装を行いました After 写真

千曲市屋代で金属屋根を遮熱塗料にて塗装を行いました

施工地域 千曲市屋代
施工場所 戸建て住宅
施工内容 屋根塗装
施工経緯 ホームページから問い合わせをいただきました。
使用材料 アステックペイント スーパーシャネツサーモフッ素(クレタグレー)
(2液油性遮熱フッ素塗料)

千曲市屋代で金属屋根の塗装工事を行いました。
ホームページからお問い合わせをいただき、塗装には遮熱機能のある塗料を使用しています。
見た目では劣化の進行はそこまでありませんでしたが、細かく見てみると雪止めからのサビが屋根に付着している状態でした。
また、色褪せも進行しているため今後サビの発生が懸念されるような状態です。

遮熱塗料を使用した理由として、屋根のすぐ真下に屋根裏収納がある事です。
金属屋根の場合、真夏の屋根材の温度は70℃位までは上昇します。
そのため、日中に蓄熱した熱が夜になると室内に流入するので夜は特に2Fが暑くなります。
屋根裏に部屋がなければ屋根裏の断熱材等によって熱の流入が軽減されます。
少しでも熱の流入を減らすために遮熱塗料を使用しました。
それ以外でも使用する色によって日射率が違うので少しでも日射率の高いクレタグレーという色を選んでいただいています。

屋根は外壁と比べても紫外線や雨水の影響を受けやすいので高い耐候性が求められています。
そのため、選ぶ塗料のグレードも最低でもシリコン塗料を選ぶ必要があります。

家を保護する上で一番コストがかからないものが塗装工事です。
逆にかかってしまうものが、屋根を新しく貼ることですが、よっぽどの事が無い限り塗装にて対策する事ができます。

例えばサビがひどすぎる・塗装できない屋根材が使われているといった時は貼替をしなければなりません。
費用も大体ですが塗装工事の1.5~2倍かかる事もあります。
中には塗装ができない屋根材なのに塗装ができるといった業者や明らかに費用が高すぎる見積・細かい説明をしないといった事もあります。
逆に安すぎる見積もりも気を付けなければいけません。
極端すぎる値引きにも気を付けましょう。

また、自社で施工する力が無い会社は仲介が多く入る傾向があるので同じ施工内容だとしても割高になります。
その分施工する人間には安くやらせてしまうため、未だに塗装工事の手抜きが多いのです。
施工直後はきれいでも施工不良は3年以内に起こる事が多いです。
外的要因は別ですが塗膜剥離や塗装のムラや早期の色あせが施工不良の中でも多いです。
そのためにも見積書は細かい部分まで確認する必要があります。

これからの時期は日差しがもっと強くなるため、屋根の温度が上昇します。
少しでも快適に過ごし、長期間にわたって建物を保護する為には遮熱塗料がおすすめです。

屋根や壁の塗装やリフォームの訪問販売で困っている、しつこい営業をされたくない方は一度お問い合わせください。
しろくまペイントは一切そういった営業を行っていないのでご安心いただけると思います。

左:施工前   右:高圧洗浄

左:屋根下塗り後   右:屋根中塗り

左:屋根上塗り   右:施工後

ページの先頭へ戻る

0120-460-461

無料外壁 屋根診断