長野県長野市川中島町|しろくまペイントの施工事例をご紹介します。

tel.0120-460-461

無料外壁・屋根診断

タップをして電話をかける

メニューを開く

CASE

施工事例

CASE

2021/11/21

外壁塗装

屋根塗り替え

長野県長野市川中島町
長野市川中島町で金属屋根とモルタル外壁の塗装工事を行いました

Before

長野市川中島町で金属屋根とモルタル外壁の塗装工事を行いました Before 写真

After

長野市川中島町で金属屋根とモルタル外壁の塗装工事を行いました After 写真

長野市川中島町で金属屋根とモルタル外壁の塗装工事を行いました

施工地域 長野市川中島町
施工場所 戸建て住宅
施工内容 外壁・屋根・軒天・破風板・水切り・ベランダ防水・ウッドデッキ・雨樋の交換
施工経緯 ホームページからお問い合わせをいただきました
使用材料 屋根…アステックペイント スーパーシャネツサーモシリコン(カーボングレー)
外壁…アステックペイント 超低汚染リファインシリコン(ラベンダーホワイト)

長野市川中島町で屋根・外壁の塗装工事を行いました。
屋根は金属・壁はモルタルになります。

現調した際に、塗膜のチョーキングや屋根の錆・色あせが見られたので塗装のタイミングとしては丁度良かったのではないかと思います。
モルタルの場合はひび割れに注意しなければなりません。
ひび割れから雨水が浸入し塗膜が剥離する事があります。
既存で塗装されている場合の塗膜が薄い場合にもひび割れが起こりやすくなります。
モルタルの場合等間隔で目地が作られている事がありますが、これを誘発目地といいます。
意図的に目地を作る事でその場所にひび割れが集まる様に作っています。
また、サッシ周りなどは防水という部分では不十分なので、今回コーキングで増し打ちしてから塗装を行いました。
そうする事で塗膜がひび割れを起こしたとしても雨水の浸入を防ぐ事が出来ます。

実際の塗装ですが、既存塗膜が薄かったので下塗り材を厚膜で塗装しひび割れに強い下地を作りました。
その後はアステックペイントの超低汚染リファインシリコンを2回塗装して完了です。
アステックペイントの超低汚染リファインシリコンの特徴として汚れがつきにくいので長期間にわたって外壁をきれいに保つ事が出来ます。
そのため、交通量の多い場所や樹木や畑・湿気が高い場所が原因で付着する排気ガス・コケ・カビとった汚れの付着を防ぐ高い効果に期待ができます。
それ以外でも色あせを長期間防ぐ効果のある成分が配合・遮熱効果と3つの高い効果に期待できます。
それだけ高い効果に期待できるリファインシリコンですが、みなさんが気になる耐候年数に関しては、約15年~18年と高い耐候年数がメーカーから発表されています。
色のバリエーションも豊富で基本的に選べる色が63色あるのも魅力的です。

リファインシリコンは2液水性シリコンと呼ばれる部類に属していますが他メーカーの塗料でいうと下記になります。

SK化研…水性セラタイトSi
日本ペイント…パワーオーデフレッシュSi

が挙げられます。

どんなに性能が高い塗料を使ったとしても、下地処理不足や手抜きをしてしまうと期待耐候年数を維持する事が出来ずに早い段階で塗膜の劣化が始まるといった問題が生じます。
乾燥時間・希釈量・塗布量を守って塗装する事が長期間にわたって外壁を保護することにつながります。

屋根の塗装に使用した塗料はスーパーシャネツサーモシリコンで2液の油性遮熱シリコン塗料という部類になります。

日本ペイント …サーモアイシリコン
ロックペイント…シャネツロックルーフSi
菊水化学工業 …キクスイSPパワールーフSi
SK化研   …クールタイトSi
関西ペイント …アレスクールSi

といった形で各塗料メーカーから販売されています。

金属屋根は塗装後に熱が原因で塗膜が割れてしまうといった事が起こりがちです。
いかに蓄熱を抑えるかで金属屋根の耐候性も大きく変わってきます。
そのため、紫外線・雨水・熱の影響を最も受けやすい屋根には遮熱性かつ高耐候性の塗料を選択されることが望ましいです。

左:屋根施工前   右:屋根施工後

左:施工前   右:施工後

左:コーキング施工前   右:コーキング施工後

左:フードカバー交換前   右:フードカバー交換後

ページの先頭へ戻る

0120-460-461

無料外壁 屋根診断