長野県中野市中央|しろくまペイントの施工事例をご紹介します。

tel.0120-460-461

無料外壁・屋根診断

タップをして電話をかける

メニューを開く

CASE

施工事例

CASE

2021/12/06

外壁塗装

長野県中野市中央
中野市中央で4階建ての外壁をシリコン塗料にて塗装しました

Before

中野市中央で4階建ての外壁をシリコン塗料にて塗装しました Before 写真

After

中野市中央で4階建ての外壁をシリコン塗料にて塗装しました After 写真

中野市中央で4階建ての外壁塗装を行いました

施工地域 中野市中央
施工場所 4階建ての事務所
施工内容 外壁塗装・コーキング・ひび割れ補修
施工経緯 ホームページから問い合わせをいただきました
使用材料 外壁:アステックペイント スーパーラジカルシリコンGH(1液水性シリコン)
コーキング:サンライズ SRシール S70NB(変性シリコン)

ホームページからお問い合わせをいただき、建物の現地調査を実施したのちにご依頼をいただきました。
施工地域は中野市中央にある4階建ての事務所です。
中野市内では戸建て住宅の塗装以外でもプールや市営団地といった公共の建物も塗装させていただいている地域になります。

左:塗膜の浮き   右:塗膜剥離後

左:塗膜の剥離   右:外壁のひび割れ

外壁の素材は鉄筋コンクリート造で塗装仕上げとなっています。
今回が2回目の塗装との事ですが、最初の塗装から期間が相当経過している状態です。
現調の段階でも塗膜の浮きやひび割れが確認できましたので、足場を設置した後に詳しく劣化状態を確認しました。
塗膜が浮いている箇所では水分が溜まっていて躯体自体も乾燥している状態ではなかったです。
使用されていた塗料は弾性塗料だと推測できます。
弾性塗料は通気性が低く湿気が逃げにくいので膨らんでしまうと元に戻らないといった事があります。
そのため一度水が溜まってしまうと健康な外壁にまで影響を及ぼしてしまいます。
もちろんそのままの状態では塗装ができないので、浮いている塗膜は全て除去し湿気を帯びている躯体部分の乾燥させることが必要になります。

左:コーキング   右:コーキング

通常の塗装工事でも外壁が乾燥する前に塗装をしてしまうと外壁内部に残っている水分が外に逃げる事が出来ず塗膜を侵してしまい、浮いてしまう原因につながります。
高圧洗浄後すぐに塗装を行う業者には注意をしなければいけません。
塗膜の浮き以外にもひび割れやサッシ周りに使われているコーキングの劣化が見受けられましたので高圧洗浄を行う前にそういった劣化部分の補修をおこないました。
先に高圧洗浄をしてしまうと劣化部分からの漏水や下地を傷めてしまう原因につながるので注意が必要です。

左:施工前   右:施工後

使用した塗料は1液水性シリコンのスーパーラジカルシリコンGHです。
当社で扱っている塗料の中ではコストパフォーマンスに優れていながら12~14年もの耐候性があります。

スーパーラジカルシリコンGHについて

スーパーラジカルシリコンGHを使用した施工事例

他のメーカーで同じ性能に近い1液水性シリコン
SK化研   プレミアムシリコン
菊水化学工業 ロイヤルシリコン
関西ペイント アレスダイナミックTOP
日本ペイント パーフェクトトップ
ロックペイント ハイパービルロックセラ
などが挙げられます。
仕上げの塗料も重要ですが、外壁の状態や素材に合わせた下塗りの塗料を選定する様にしなければいけません。

冬期期間中は当社では戸建て住宅の外壁や屋根といった塗装は一切行いませんが、春からのシーズンで塗装を考えている、塗装の事について知りたいといった方はメールもしくは電話にてお問い合わせください。
高い費用がかかるからこそ目先の金額だけではなく、塗装工事に関する内容全てを把握する必要があります。

中野市内で当社が行った塗装工事

屋根・外壁 中野市七瀬で屋根と外壁等の塗装工事を行いました

屋根    中野市竹原で金属屋根とフードカバーの塗装を行いました『遮熱フッ素塗料』

駐車場   中野市小田中で駐車場塗装を行いました『駐車番号・ライン塗装』

ページの先頭へ戻る

0120-460-461

無料外壁 屋根診断