長野県中野市七瀬|しろくまペイントの施工事例をご紹介します。

tel.0120-460-461

無料外壁・屋根診断

タップをして電話をかける

メニューを開く

CASE

施工事例

CASE

2021/01/22

外壁塗装

屋根塗り替え

防水工事

長野県中野市七瀬
中野市七瀬で屋根と外壁等の塗装工事を行いました

Before

中野市七瀬で屋根と外壁等の塗装工事を行いました Before 写真

After

中野市七瀬で屋根と外壁等の塗装工事を行いました After 写真

中野市七瀬で屋根と外壁等の塗装工事を行いました。

施工地域 中野市七瀬
施工場所 戸建て住宅
施工内容 金属屋根の塗装
モルタル外壁の塗装
雨どい・破風板・軒天の塗装
ベランダ防水
施工経緯 ホームページよりお問い合わせいただきました
使用材料 屋根…アステックペイント スーパーシャネツサーモシリコン
外壁…アステックペイント 超低汚染リファインシリコン(3分艶)
付帯部…アステックペイント マックスシールドフッ素
ベランダ防水…日本特殊塗料 プルーフロンエコONE
コーキング…オート化学工業 オートンイクシード

ホームページからお問い合わせをいただき、中野市七瀬で屋根・外壁等の塗装工事を行いました。
屋根の種類は金属の一文字屋根、外壁はモルタル、破風板は木製、雨どいは金属製になります。
建物自体が初めての塗装工事になります。

屋根に関しては雪止めアングルにサビが発生している状態でしたが屋根材自体にはサビがほとんど発生しておりません。
ただ紫外線によって色あせがかなり進んでいましたので、将来的にはサビの発生する可能性もありました。
屋根の作業工程としては、ケレン処理をしたのちに高圧洗浄をして遮熱効果のある塗料で下塗りし、同じく遮熱効果のある中塗りと上塗りで完了になります。

左:屋根塗装前   右:屋根塗装後

外壁は部分的にひび割れが発生している状態だったのでひび割れの処理やサッシ周りや誘発目地部分にコーキングを施してから高圧洗浄をして屋根と同じように塗装を進めていきます。
外壁で使用した上塗り材は汚れが付きにくく・遮熱効果もある塗料です。
汚れが付きにくいので、長い年月を塗り替えたままの状態で維持できるだけでなく顔料の一部に無機顔料が使われているので色あせがしづらいです。
有機顔料が使われていると紫外線によって色の分離が始まるので塗り替えたあとと違う色に年数が経過するとなることがあります。
そのため当社でご提案する塗料のほとんどで無機顔料が使われているので色あせには強いのが魅力的です。

屋根や外壁ばかりに目が行きがちですが、ベランダの床面も建物を保護するという意味ではとても重要な場所です。
床面の防水は多くがFRPもしくはシートが施されていますが、今回は金属の床面でした。
施工前の状態としてはサビが広範囲に出ており、一部腐食して穴が開いている箇所もありましたが、幸いなことに下地部分まで腐食が進んでいなかったので交換や大規模な修繕を行わずに済みました。
使用した防水材も金属に使う事の出来る防水材です。
FRPならFRP・シートならシートといった具合に既存で使われている防水に対して合ったメンテナンスをする必要があります。

左:ベランダ防水前   右:ベランダ防水後

塗装をする事で美観は必ずと言っていいほど良くなります。
ただ、保護という観点でいうと下地処理と処理の方法と使用する材料や塗料が重要です。
経験があると無しでは塗り替えをして3年以上経った時に差が出てくると言われています。
法人としての塗装経験だけでなく・個人としての経験も塗装会社を選ぶ上では重要な項目になります。

ページの先頭へ戻る

0120-460-461

無料外壁 屋根診断