長野県長野市川中島今井|しろくまペイントの施工事例をご紹介します。

tel.0120-460-461

無料外壁・屋根診断

タップをして電話をかける

メニューを開く

CASE

施工事例

CASE

2020/02/04

木部塗り替え

その他の塗装

長野県長野市川中島今井
長野市川中島町今井にて和風玄関門扉と塀の塗装を行いました

Before

長野市川中島町今井にて和風玄関門扉と塀の塗装を行いました Before 写真

After

長野市川中島町今井にて和風玄関門扉と塀の塗装を行いました After 写真

長野市川中島町今井にて和風玄関門扉と塀の塗装を行いました。

施工地域 長野県長野市川中島今井
施工場所 戸建て住宅
施工内容 玄関門扉と塀の塗装
施工経緯 ホームページから問い合わせをいただきました
使用材料 玄関門扉…和信化学工業 ガードラックプロ
塀   …アステックペイント 超低汚染リファインシリコン

ホームページから問い合わせをいただき、玄関門扉と塀の塗装を行いました。

玄関は木製で和風のイメージがする門扉ですが、木製のため定期的なメンテナンスをしないと汚れや雨水の影響で黒ずみの発生や変色する事があります。
木部専用の塗料を基本的には使用しますが、一度塗装をすれば何十年とはもたないので、立地や環境をみながらこまめに塗装をしてきれいな状態を維持していかなければなりません。

施工前の状態ですが色あせやシミが所々で確認する事ができます。
その状態から施工後の写真の様にしていく訳です。
当社では木部のアクやカビ汚れを落とすにあたり、木部専用の薬品を使用しています。
薬品も数種類あって木部の状態によって薬品を使い分けながらキレイな状態して最終的に塗装を行います。
塗装も木の種類によって塗料の吸収が違うので最低でも2回以上は塗装をしなければなりません。
今回は玄関の門扉を塗装しましたが、木柱やウッドデッキ・フェンス等木製のものならほとんど塗装する事ができます。

もう一方の塀の塗装は既存塗膜がある状態での塗装です。
塀を塗装するときの注意点として塗膜によって透湿性が損なわれてしまう恐れがある事です。
特に土が塀にかぶっている場合、常に水分があり上手く水分が放出されていれば問題がありません。
しかし水分の抜け道が無い場合、塗膜からも水分が逃げる事が出来ないので塗膜自体が膨れてしまう恐れがあります。
塗料の選択を間違えない事や全て塗装せず、部分的に水分を逃がせるような塗装方法をとる必要があります。

塀や門扉はお家の顔になっている部分ですのでキレイな状態を長期間維持し、素材自体を保護するのも大事になってきます。
塗装工事は外壁や屋根だけでなく塀や門扉・ウッドデッキ・木柱など多岐にわたります。
そういった細かい部分の塗装も行っていますので、ちょっと頼みづらいなと思っても、一度問い合わせください。

左:塀施工前   右:塀施工後

ページの先頭へ戻る

0120-460-461

無料外壁 屋根診断