長野県佐久市原|しろくまペイントの施工事例をご紹介します。

tel.0120-460-461

無料外壁・屋根診断

タップをして電話をかける

メニューを開く

CASE

施工事例

CASE

2020/02/06

防水工事

長野県佐久市原
佐久市原にてベランダの防水工事を行いました

Before

佐久市原にてベランダの防水工事を行いました Before 写真

After

佐久市原にてベランダの防水工事を行いました After 写真

佐久市原にてベランダの防水工事を行いました

施工地域 長野県佐久市原
施工場所 戸建て住宅
施工内容 ベランダのFRP防水
施工経緯 ホームページから問い合わせをいただきました
使用材料 三共化学産資 リマスター® ベランダ改修仕様

佐久市にて戸建て住宅のベランダ防水工事を行いました。
築10年の戸建て住宅ですがベランダの塗膜にひび割れや破損が出てきたとの事で、インターネットから当社の事を知りお問い合わせいただいた次第です。

既存の防水の仕様はFRP防水です。
多くのハウスメーカーでFRP防水がベランダに施工されていますが、一部シート防水が施工してある場合もあります。
FRPとは繊維強化プラスチックの略で浴槽や貯水槽などにも使用されています。
外壁や屋根同様にベランダの防水箇所も築年数の経過とともに劣化が進み、塗膜表面にひび割れの発生や塗膜が剥がれてしまう事も。
そのまま劣化するとベランダ部分の防水性能は低下し雨漏りだけでなく、下地や外壁にも影響を与えてしまいます。
その場合下地や外壁材の交換といった費用が余分にかかります。
費用を最小限に抑えて建物を保護するために、定期的なメンテナンスが必要です。

今回の施工もFRP防水にて施工を行いました。
下記が施工手順です。

①ベランダに付着した汚れを水洗いする
②表面を目荒らしする
③目荒らしした部分をアセトンで脱脂
④プライマーの塗布
⑤ひび割れや欠損部分をパテにて穴埋め
⑥ガラスマットを敷設しながら下塗り
⑦防水材の中塗り
⑧防水材の上塗り

と8工程をかけて施工が完了です。
今回の施工でベランダの防水性能は回復しましたのでお客様には安心していただけると思います。
今後はベランダの状態を確認しながら数年後に表面の塗装でベランダを保護していく形です。

一度もベランダを確認されたことが無いお客様はこの機会に確認してみてはいかがでしょうか?
劣化具合で改修方法や費用も変わってきます。
ベランダに限らず防水工事を行っておりますのでお客様自身の目で見て分からない場合は、一度ご相談ください。

①表面にヒビがある
②塗膜が剥がれている
③下地が露出している
④新築時に比べて色あせている

上記4つのうち一つでも当てはまったら気を付けましょう。
そして一度見てもらった方がいいかもしれません。

左:水洗い   右:目荒らし

左:アセトン拭き   右:プライマー塗布

左:補修個所パテ埋め   右:ガラスマット敷設下塗り

左:防水材中塗り   右:防水材上塗り

ページの先頭へ戻る

0120-460-461

無料外壁 屋根診断