長野県長野市若穂保科|しろくまペイントの施工事例をご紹介します。

tel.0120-460-461

無料外壁・屋根診断

タップをして電話をかける

メニューを開く

CASE

施工事例

CASE

2019/05/08

外壁塗装

屋根塗り替え

長野県長野市若穂保科
長野市若穂で金属屋根と木製サイディング等の塗装工事を行いました

Before

長野市若穂で金属屋根と木製サイディング等の塗装工事を行いました Before 写真

After

長野市若穂で金属屋根と木製サイディング等の塗装工事を行いました After 写真

長野市若穂で金属屋根と木製サイディング等の塗装工事を行いました

施工地域 長野県長野市若穂保科
施工場所 戸建て住宅
施工内容 屋根や外壁等の塗膜性能の回復
施工経緯 ホームページから問い合わせをいただきました
施工日数 約3週間
使用材料 屋根 アステックペイント スーパーシャネツサーモシリコン エバーグリーン
外壁(1階)和信化学工業 ガードラックプロ ブラウン
  (2階)アステックペイント シリコンREVO1000 クールホワイト3分艶
軒天 KFケミカル スカイフレッシュ 19-90A
付帯部 アステックペイント マックスシールドフッ素 チャコール3分艶

長野市若穂のお客様よりホームページから問い合わせをいただき、施工をご依頼いただきました。
屋根や外壁に選んでいただいた色は新築時と同じような色でとのご要望でしたので、色見本帳を使用しながらの色決めとなりました。
屋根に使用した塗料はしろくまペイントでの標準スペックとなっている遮熱塗料です。
屋根の劣化する原因は、皆様もご存知のように紫外線や雨水等によるものが大きいですが、太陽の熱でも屋根材の劣化は進行していきます。
熱膨張と言われるものです。
特に熱伝導率の高い金属屋根に起こりやすいです。
そういった熱膨張による劣化の進行を遮熱塗料で抑える目的もあり、しろくまペイントでは遮熱塗料を提案しています。
特に屋根に使用される色の多くが濃色系なので熱を吸収しやすい特徴があるのもその一つです。
施工前の屋根の状態ですが、色あせは目立つもののサビがほとんど発生していない状態でした。

施工の流れとして、最初に仮設足場を設置します。
仮設足場を設置する事で職人の安全を確保と作業効率の安定化を図ります。
また、高圧洗浄時の汚れなどや塗装時の塗料の飛散を防ぐ目的もあります。
中には足場は設置してあるが飛散防止のメッシュが施されていない、仮設足場自体無い状態で塗装工事を行っている業者もあるようですが、トラブルの元になりやすいので注意しなければなりません。

仮設足場設置後には高圧洗浄を行い、建物全体の汚れや脆弱な塗膜を洗い流します。
洗浄後すぐに塗装をすると、外壁内部に残っている水分が逃げられず塗膜が膨れてしまう施工不良を起こします。
そうしないためにも乾燥期間を取ってから塗装工事を始める必要があります。
塗装するまでの間ですが、サイディングの場合はサッシ周りや板間目地のコーキングの撤去・打ち替え、屋根や付帯部はケレンといった下地処理を並行します。

一連の作業が終わったらいよいよ塗装開始です。
塗装しない部分は前もってマスカーやブルーシートなどの養生材で塗料が付着しない様に覆いかぶせておきます。
基本的な塗装回数は2~4回塗りになります。
使用する塗料や塗装する箇所の材質によって変化するので塗装を検討するお客様は業者さんからの見積書や担当者さんに確認してください。
本当は3回塗りが仕様となっているのに2回しか塗装しない悪徳業者もいます。
3回塗りのところを2回しか塗装しなかった場合、塗装直後はもちろんきれいですが数年経過すると明らかな劣化が発生している場合もあります。
今回のお客様のお宅は屋根塗装、2階外壁が3回、1階外壁が2回・付帯部が3回・軒天が2回塗装をしました。
最後に塗り残しやムラ・液だれ・艶引けがないか確認して足場を解体して施工終了となります。

施工期間は上記にも記載しましたが、天気に恵まれても約3週間かかりました。
作業もそうですが乾燥期間や下地処理といった目に見えない部分にも時間をかけるからこその施工期間になります。
お客様としては早めに終わらせて欲しい気持ちもあると思いますが、施工不良やトラブルを起こさないためにも 余裕を持った施工期間を設定させていただいている事をご理解ください。

左:仮設足場設置前   右:仮設足場設置後

左:コーキング撤去   右:コーキング打ち替え

左:屋根施工前   右:屋根施工後

ページの先頭へ戻る

0120-460-461

無料外壁 屋根診断