長野県長野市稲葉|しろくまペイントの施工事例をご紹介します。

tel.0120-460-461

無料外壁・屋根診断

タップをして電話をかける

メニューを開く

CASE

施工事例

CASE

2019/01/09

外壁塗装

屋根塗り替え

長野県長野市稲葉
長野市稲葉にて金属屋根とモルタル外壁を断熱・遮熱効果のあるガイナで塗装しました

Before

長野市稲葉にて金属屋根とモルタル外壁を断熱・遮熱効果のあるガイナで塗装しました Before 写真

After

長野市稲葉にて金属屋根とモルタル外壁を断熱・遮熱効果のあるガイナで塗装しました After 写真

長野市稲葉にて金属屋根とモルタル外壁を断熱・遮熱効果のあるガイナで塗装しました

施工地域 長野県長野市稲葉
施工場所 戸建て住宅
施工内容 断熱・遮熱効果のある塗料で暑さや寒さの軽減
施工経緯 ホームページから問い合わせをいただきました
施工日数 約4週間
使用材料 屋根  日進産業 ガイナ N-50
外壁  日進産業 ガイナ 22-85B
軒天  アステックペイント マルチエースⅡ N-90
付帯部 アステックペイント マックスシールドフッ素 チャコール

ホームページからお問合せいただいた長野市稲葉にて施工をご依頼いただきました。
築年数26年の2階建て住宅です。
今回のお客様も屋根と外壁の色選びにはカラーシュミレーションを採用しております。
そのため、施工をする前から施工後の仕上がりがイメージする事ができるので、施工後に『こんなはずではなかった』という色でのご不満がほとんどないのが魅力です。
しろくまペイントではご依頼をいただいたお客様には5パターンまで施工後のイメージが確認できます。

施工の方ですが、屋根や外壁塗装に使用した塗料は何度も紹介している日進産業のガイナです。
お客様に数パターンご提案した際に一番興味をもっていただき採用に至りました。
最近の気象状況だと暑い夏には金属屋根の場合、太陽の熱が強いので蓄熱しやすいのがデメリットです。
金属屋根の種類によっては熱膨張が発生します。
屋根材を劣化させる原因の一つです。
外壁にはリシンの吹付にて仕上げが施されていましたが、リシンの場合透湿性や通気に優れている一方で凹凸が多いので汚れが溜まりやすいといったデメリットも含んでいます。
家の周りに植栽を多く置かれていたり、畑や樹木が多い場所だとコケやカビが生えやすく、外壁の劣化を進行させてしまいます。
塗装工事を始める際の下地処理の一つでもある高圧洗浄がとても重要になってきます。
外壁に付着している汚れや劣化している旧塗膜を洗い流してキレイな下地を作らなければいけません。
特にリシンの場合、凹凸が多いので汚れが溜まりやすいからこそ時間をかけて確実に洗浄をする必要があります。
洗浄後はちゃんと乾燥期間を設けてから塗装工事をしなければなりません。
外壁が水を吸い込むので表面上は乾いていても完全に乾燥するまでには1~2日かかります。
もし、洗浄直後に塗装をしてしまうと抜けきらない水分の上に塗膜ができてしまうと水分は外に逃げようとするため、塗膜が膨れてしまいます。
施工トラブルを起こさないためには乾燥期間を設ける事も必要な工程の一つです。
同様に屋根も同じですが、金属なので熱伝導率が高いので外壁よりは早めに乾燥します。
太陽に近いというのもありますが。
2日ほど乾燥期間を取ってからは、サッシ周りの防水工事やケレン・塗装しない箇所の養生を行い、下塗りや中塗り・上塗りといった作業を進めていきます。
その後当社とお客様で検査をおこない、足場をばらしてお引渡しになります。

左:外壁高圧洗浄   右:屋根高圧洗浄

左:サッシ周りコーキング   右:軒天塗装

屋根塗装

外壁塗装

付帯部塗装

ページの先頭へ戻る

0120-460-461

無料外壁 屋根診断