長野県長野市安茂里杏花台|しろくまペイントの施工事例をご紹介します。

tel.0120-460-461

無料外壁・屋根診断

タップをして電話をかける

メニューを開く

CASE

施工事例

CASE

2021/02/15

内装リフォーム

長野県長野市安茂里杏花台
長野市安茂里杏花台で壁紙クロスの貼替の施工をしました

Before

長野市安茂里杏花台で壁紙クロスの貼替の施工をしました Before 写真

After

長野市安茂里杏花台で壁紙クロスの貼替の施工をしました After 写真

長野市安茂里杏花台で壁紙クロスの貼替の施工をしました。

施工地域 長野市安茂里杏花台
施工場所 戸建て住宅
施工内容 壁紙クロスの貼り替え
施工経緯 ホームページからお問い合わせ
使用材料 サンゲツ SP FEシリーズ

長野市安茂里にある戸建て住宅でクロスの貼り替えの施工をしました。
新築から一度もクロスの貼り替えをしたことがなく、汚れやペットを飼っていてクロスの表面がボロボロになっているのが気になっていたそうです。
壁紙クロスを貼る上で重要になってくるのが下地処理です。
壁紙クロスの施工に限らず、下地処理で施工の仕上がりが決まると言ってもいいくらい重要な作業です。
もちろん、下地にも様々な種類があるので注意が必要になります。
戸建て住宅では下地として、石膏ボードやベニヤ板が使われている確率が高いです。
和室ではじゅらく壁や繊維壁が施工されている場合があります。
中には壁が化粧合板になっているお宅もありますが、基本的には壁紙を貼り換える事は可能です。

まずは貼られているクロスをしっかりと剥がす事から始めます。
クロスは種類や貼られている年数で剥がしやすいかそうじゃないかが変わってきます。
剥がしにくいものは細かいクロスの切れ端が壁のいたるところに残るので剥がすだけでも時間がかかります。
仮に残ったクロスの上から新しいクロスを貼ってしまうと残ったクロスがそのまま見えてしまいます。
残ったクロスも除去しなければいけません。
クロスの除去が終わったらパテ処理の作業に入ります。
パテ処理はクロスを貼った時に出る凹凸を防ぐ為の処理です。
古いクロスを細かい部分まで除去したとしてもパテ処理をしなかったら凹凸はでることでしょう。
パテ処理は下地の状態にもよりますが、最低でも2回はします。
パテは水を使っているので乾燥するとパテが痩せるので若干の凹凸が生まれます。
1回目で残ってしまった凹凸を2回目のパテ処理で平らにします。
2回のパテ処理でも凹凸が残るようなら3回以上するケースもあります。
パテが乾いたらペーパー掛けをしてパテを平らにしていきます。
クロスを貼る壁が平らになったらクロスを貼ります。

クロスを選ぶ時にも注意が必要で、壁紙クロスは数多く販売されています。
全ての壁紙の規格が同じではなく、表面の素材や厚みが違うものまであります。
厚手の壁紙を使った時は起こりづらいですが、薄手の壁紙を使った場合、クロス自体や下地にまでもひび割れが起こる可能性は高いです。
建物は常に微振動を繰り返しているので揺れに対してクロスが追従できないとひび割れが起こります。
特に広い範囲で貼ってある場合で起こりやすいです。
全ての薄いクロスで起こる訳でもなく、立地や下地の状態で大きく変わります。
トイレや洗面台といった狭い範囲ならいいかもしれません。
厚手のクロスでもひび割れを起こす事は少なからずありますが、薄いクロスよりは可能性は下がります。

クロスを選ぶ際はカタログから選ぶようにしましょう。
カタログだとクロスの厚みやデザインがわかりますし、貼った後のイメージも付きやすいので、クロスの貼り替えのお問い合わせをするときには数種類のカタログも一緒に持ってきてもらえる様にお願いしましょう。

左:クロス施工前   右:クロス施工後

ページの先頭へ戻る

0120-460-461

無料外壁 屋根診断