長野県長野市三輪|しろくまペイントの施工事例をご紹介します。

tel.0120-460-461

無料外壁・屋根診断

タップをして電話をかける

メニューを開く

CASE

施工事例

CASE

2021/01/12

内装塗り替え

内装リフォーム

長野県長野市三輪
長野市三輪で室内の壁塗装とフローリング貼りを行いました

Before

長野市三輪で室内の壁塗装とフローリング貼りを行いました Before 写真

After

長野市三輪で室内の壁塗装とフローリング貼りを行いました After 写真

長野市三輪で室内の壁塗装とフローリング貼りを行いました

施工地域 長野市三輪
施工場所 戸建て住宅
施工内容 室内の壁塗装
浴室の壁塗装
和室のフローリング貼り
施工経緯 ホームページより問い合わせをいただきました。
使用材料 室内の壁…日本ペイント 水性ケンエース
浴室の壁…日本ペイント ケンエースGⅡ(油性)
フローリング…無垢クリアー塗装品カバ

ホームページからお問い合わせをいただき、長野市三輪で室内の塗装と和室のフローリング貼りを行いました。

室内の壁ですが、土壁になります。
昔ながらの住宅では土壁や砂壁が使われている事が多いですが、現在だと壁紙クロスが貼ってある建物の方が多くなっています。
土壁の場合、調湿機能を持ち合わせていますが徐々に表面が劣化し、剥げていくことがあります。
今回施工をご依頼したお客様も表面が剥げるのが嫌だという事で塗装によるメンテナンスを選ばれました。
使用した塗料は日本ペイントの水性ケンエースになります。
室内の塗装でよく使用する塗料で、ヤニやシミ止めだけでなく防カビといった性能を持ち合わせています。
塩ビクロスの他にも木部やモルタルなど様々な部分にも塗装が出来る優れものです。
塗装する場所によっては下地処理をするだけで塗装が出来ますが、土壁の場合は下塗りで素地を強化してから中塗りと上塗りの合計3回塗りにて仕上げました。

浴室の壁はモルタルの打ちっぱなしです。
新築当時は防水性能もあったと思われますが、年数の経過とともに防水性能も低下します。
浴室は常に湿度が高い場所でもあるので、カビが生えてしまうデメリットもあります。
壁だけでなく天井がモルタル仕上げされている場合は塗装によるこまめなメンテナンスが必要です。
浴室で使用した塗料は上記に記載したケンエースですが、浴室では油性のケンエースを使用しました。
油性はニオイが水性と比べても強いのであまり室内にはご提案しづらいのですが、下地との密着性や耐水性といったバランスを考えて油性での施工になりました。
浴室の塗装をする場合、壁・天井に湿気があると塗装する事が出来ないので最低でも施工をする2~3日前から浴室の使用を控えてもらいます。
施工自体は2日あれば終わりますがその後の乾燥期間で2日位はかかるので、約1週間は浴室を使う事が出来なくなってしまうのがデメリットです。
その他で浴室がタイルの場合、浴槽と床・壁と床に隙間ができる事があります。
隙間を放置すると、そこから水が入り込んで白蟻が発生する原因や土台が腐ってしまうケースもあります。
そういった事が起こらない様に隙間部分には防水処理します。

左:浴室施工前   右:浴室施工後

塗装と一緒に和室を畳からフローリングに貼替とドアなどの建具に化粧フィルムを貼る施工もご依頼いただきました。
和室から洋室にする場合、床下からの冷気が強くなるので断熱材を確実に入れます。
また、建物の歪みがある場合に部屋の所々で高さが違うことも。
その場合は低い場所に仕上げのフローリングの表面が来るように施工をします。
仕上げのフローリング面が敷居などより高くなると足を引っかけて怪我をする恐れがあるからです。

最近では何部屋も和室があっても使わない方が増えてきています。
その分和室から洋室にリフォームする方も増えています。
ライフスタイルの変化とともにリフォームをするのも必要かもしれません。

左:和室施工前   右:和室施工後

ページの先頭へ戻る

0120-460-461

無料外壁 屋根診断