長野県長野市西長野|しろくまペイントの施工事例をご紹介します。

tel.0120-460-461

無料外壁・屋根診断

タップをして電話をかける

メニューを開く

CASE

施工事例

CASE

2020/02/19

外壁塗装

屋根塗り替え

防水工事

長野県長野市西長野
長野市西長野でスレート屋根とサイディングの塗装を行いました

Before

長野市西長野でスレート屋根とサイディングの塗装を行いました Before 写真

After

長野市西長野でスレート屋根とサイディングの塗装を行いました After 写真

長野市西長野でスレート屋根とサイディングの塗装を行いました。

施工地域 長野県長野市西長野
施工場所 戸建て住宅
施工内容 スレート屋根の塗装・窯業系サイディングの塗装・付帯部塗装・ベランダ防水
施工経緯 ホームページから問い合わせをいただきました
使用材料 屋根…アステックペイント スーパーシャネツサーモフッ素
外壁…アステックペイント 超低汚染性リファインフッ素
付帯部…アステックペイント マックスシールド フッ素
コーキング…オートンイクシード

ホームページからお問い合わせをいただき、ご用命くださったお客様になります。

今回が初めての塗装でした。
屋根材はスレート(コロニアル)屋根で既存塗膜がほとんど無く、下地が露出している状態でした。
外壁は直貼りの窯業系サイディングで紫外線や雨水の影響で色あせが進行していて、お客様も新築の時と色が全く違うと言っていました。
コーキングも表面のひび割れがあり弾力が損なわれている場所も多数ありました。

外壁が直貼りのサイディングの為、塗料の選択を間違えてしまうと塗膜が膨れてしまうといった施工不良が起こるので建物に合った塗料をご提案させていただきました。
直貼りサイディングの場合、通気の面で湿気が溜まりやすくサイディングが熱を持った場合、熱が逃げにくいのがデメリットといえます。
そのため塗り替えの際に濃彩色と呼ばれる色を選んでしまう、弾性塗料を業者に選択されてしまうと膨らむリスクが高くなります。

屋根の仕上げ塗料はスーパーシャネツサーモのフッ素タイプです。
ただ、下地の劣化が著しいので今回は下塗りを2回行っています。
下塗りも遮熱効果のある2液タイプのエポキシ塗料なので、下地への密着に優れています。
下地の劣化が進んでいると1回塗装しただけでは下地強化になっていないので2回塗装した訳ですが、状態によっては1回で済む場合もあります。
その後中塗りや上塗り塗装をして最後に縁切り作業を行って屋根塗装は終了です。

外壁は上記に記載した様に熱や湿気の問題をクリアできる塗料を選択したわけですが、いかにして外壁への蓄熱を抑えるかを重点に置き選択したのが超低汚染リファインです。
この塗料は汚れが付きにくいだけでなく、遮熱効果もあるので選択しました。
また、下塗りにも屋根に使用した遮熱効果のある塗料を使いましたので、トリプル効果で遮熱性能を発揮する事になります。

高圧洗浄を行った後に既存コーキングの撤去・打ち替えを行い、乾燥期間を設けました。
その間に屋根の塗装をしてから外壁の塗装を行っております。

しろくまペイントでは建物の状態や使用されている素材を確認しながら塗料の提案をさせていただいています。
塗装後はキレイになるのは当たり前ですが、キレイな状態を長期間維持しつつ建物を保護するのかが大切です。
中には知らないまま悪徳業者に施工をお願いしてしまい塗装後数年で施工不良になってしまったお客様もいます。
そうならないためにもお客様自身でも勉強し目先の金額に惑わされない様にしなければなりません。
あとは相見積を取る・チラシだけでなくインターネットから情報を得るといった事も重要ではないでしょうか。

しろくまペイントの営業エリアは長野市だけでなく、近隣の市町村になるので飯綱町や中野市、千曲市や坂城町といった場所でも施工をしています。
現地調査も無料で行っていますし、見積もり提出後のしつこい営業や即日に契約をいただくこともしません。
安い買い物ではないので、お客様にはじっくり考えていただきたいからです。
他の業者に提出された見積もり金額が適正なのか、施工方法は間違っていないか、建物のお悩みに関してはお気軽にお問い合わせください。

左:外壁高圧洗浄   右:コーキング撤去打ち替え

左:外壁下塗り   右:外壁中塗り

左:外壁上塗り   右:施工後

ページの先頭へ戻る

0120-460-461

無料外壁 屋根診断