長野県長野市若槻団地|しろくまペイントの施工事例をご紹介します。

tel.0120-460-461

無料外壁・屋根診断

タップをして電話をかける

メニューを開く

CASE

施工事例

CASE

2021/12/11

屋根塗り替え

長野県長野市若槻団地
長野市若槻団地で行ったアスファルトシングルの塗装『水性・低汚染・フッ素』

Before

長野市若槻団地で行ったアスファルトシングルの塗装『水性・低汚染・フッ素』 Before 写真

After

長野市若槻団地で行ったアスファルトシングルの塗装『水性・低汚染・フッ素』 After 写真

長野市若槻団地でアスファルトシングルの塗装を行いました

施工地域 長野市若槻団地
施工場所 戸建て住宅
施工内容 アスファルトシングルの塗装
施工経緯 ホームページから問い合わせをいただきました
使用材料 アステックペイント エポパワーシーラー(下塗り)
アステックペイント 超低汚染リファインフッ素(中・上塗り)

長野市若槻団地にてアスファルトシングル屋根の塗装を行いました。
建物はミヤマハウス様で建てられた洋風の住宅になります。
屋根に使われている材料がアスファルトシングルという屋根材で普段聞きなれない屋根材ではないでしょうか。

・アスファルトシングルとは
金属屋根やスレート屋根・セメント瓦等と同じ屋根材の種類のひとつです。
アスファルトシングルはガラス基材にアスファルトを浸透させ、表面に石粒を吹付接着している屋根材です。
アスファルトシングルは海外では100年以上前から使われている屋根材になりますが、日本では建築基準法の改正によって使用が認められ、戸建て住宅の屋根やマンションでも使用されるようになりました。

①アスファルトシングルのメリット
石粒で覆っているため傷がつきにくく、防水性・耐候性・耐久性に優れています。
軽量で耐震性も高いので、地震対策にも適しています。

②アスファルトシングルのデメリット
表面が天然石で覆われている事が多いですが、劣化が進行すると表面の石が落ちてきてしまう事があります。
また、落ちた石が原因で雨どいに石が詰まってしまうのでこまめな清掃が必要です。
日の当たりにくい北面や湿度が高い、湿気がこもりやすい地域ではカビやコケが発生しやすいです。
屋根材自体が軽いので施工が不十分のまま行われていた場合、強風が原因で屋根材が飛ぶ事もあります。
また、アスファルトシングルの塗装には溶剤(油性)の塗料を使う事ができません。
溶剤とアスファルトの成分が反応を起こし溶かしてしまう問題が生じます。
そのため、アスファルトシングルを塗装する際は水性塗料しか使えません。
それ以外では塗料の吸い込みが強いので通常の3回塗りではなく下塗りの回数を増やした施工方法が望ましいです。
そのため塗料の吸い込みが無くなるまで下塗りをすると塗膜性能も確実に得る事ができます。

・アスファルトシングルに使う事の出来る塗料
アステックペイント:超低汚染リファイン(2液水性遮熱シリコン・フッ素)
日本ペイント:水性シリコンベストⅡ
SK化研:水性屋根フレッシュシリコン
関西ペイント:ヤネフラット
水谷ペイント:水系シリコン、水系ナノシリコン、水系カスタムシリコンⅡ
等が挙げられます。

アスファルトシングルの塗装は金属屋根やスレートとは違い施工経験がとても重要になります。
また、表面の石が飛散する事で近隣に迷惑をかけてしまう恐れもあるので劣化が進行しているかわかりにくい場合は一度アスファルトシングルの点検をする事をおすすめします。

ページの先頭へ戻る

0120-460-461

無料外壁 屋根診断