長野県長野市|しろくまペイントの施工事例をご紹介します。

tel.0120-460-461

無料外壁・屋根診断

タップをして電話をかける

メニューを開く

CASE

施工事例

CASE

2017/04/14

屋根塗り替え

長野県長野市
長野市内で屋根塗装を行いました『賃貸アパート・折半屋根』

Before

長野市内で屋根塗装を行いました『賃貸アパート・折半屋根』 Before 写真

After

長野市内で屋根塗装を行いました『賃貸アパート・折半屋根』 After 写真

長野市内で屋根塗装を行いました『賃貸アパート・折半屋根』

施工地域 長野県長野市
施工場所 賃貸アパート屋根部分
施工内容 屋根部分の塗装とボルトキャップの取付
施工経緯 お客様からのご依頼
使用材料 しろくまペイント指定塗料

アパートオーナーの皆さま建物の維持管理はされていますか?
長野県は賃貸物件の新築着工数がここ最近増加しています。
新築が増加すると年数が経過している空室は見向きもされなくなり、
やがて家賃を下げるなど負のスパイラルに陥ってしまう事もよくあるそうです。
賃貸に住もうと検討している人は家賃を含めたハード面を重要視すると思います。
現地で直接見る前に、ネットや情報誌で情報を得ますが最初は家賃や外装を見ると思います。
外装が汚い状態だったら、家賃が安くても見向きもしないでしょう。
現在、空室の方が圧倒的に多い中で入居者を得るにはそういった維持管理がとても重要です。
今回はそんな維持管理の一環として屋根の塗装を行いました。

詳しい内容

屋根塗装左:施工前   右:施工後

長野市内で賃貸アパートの屋根塗装を行いました。
今回は建物の維持管理の一環として施工をご依頼いただきました。
よく賃貸物件を移動中などに見るケースが多いですが
しっかりメンテナンスをしている建物としていない建物とでは入居率に少なからず影響を与えていると感じます。
屋根は外壁同様にメンテナンスをする上でとても重要な場所になります。
紫外線だけでなく、雨や雪の影響を受けやすいです。
特に金属屋根の場合はサビてしまうと腐食が進むケースがあり、雨漏りの原因にもつながります。
この現場の屋根の形状は折半屋根ですが、折半屋根が重なる部分はボルトで固定してありますが
そのボルトがサビてしまってもいけないのでボルトキャップという製品を上から被せて雨が直接当たらないようにします。
実際の屋根の塗装ですが、最初にケレン作業をしてから高圧洗浄をします。
その後、下塗りでサビ止めを塗装してから中塗り上塗りといった作業工程に移っていきます。
最後にボルトキャップを被せて施工終了です。
まだ寒い日もあったりするので、気温の管理はしっかり行うのもそうですが、
工程ごとに決められた時間を取る事も高品質で引き渡すためにはとても重要です。
使用した塗料はお客様から費用を抑えたいとの要望がありましたので
しろくまペイントの指定塗料にて対応させていただきました。
グレードを落とさずにコストを落とした塗料もございますので塗り替えを検討しているのであれば一度ご相談ください。

ページの先頭へ戻る

0120-460-461

無料外壁 屋根診断