長野県長野市|しろくまペイントの施工事例をご紹介します。

tel.0120-460-461

無料外壁・屋根診断

タップをして電話をかける

メニューを開く

CASE

施工事例

CASE

2017/04/19

内装リフォーム

長野県長野市
長野市内でフローリングの補修を行いました『賃貸アパート』

Before

長野市内でフローリングの補修を行いました『賃貸アパート』 Before 写真

After

長野市内でフローリングの補修を行いました『賃貸アパート』 After 写真

長野市内でフローリングの補修を行いました『賃貸アパート』

施工地域 長野県長野市
施工場所 賃貸マンションのフローリング
施工内容 変色したフローリング部分を目立たなくする
目的 フローリング補修工事
施工経緯 お客様からのご依頼

普段生活していて物を落とした、引っ越しをしていて物を落とされた、落としてしまった。
なんてことありませんか?
もちろん落としたもの、落とした高さによっても違ってきますが、
床にキズがついた、凹んでしまった、欠けてしまったトラブルもよく聞かれます。
賃貸の場合は特にそのまま放置する事ができないので、
必ずといっていいほど補修を行って現状回復をしなければなりません。
それはフローリングだけでなく、
建物全般にいえる事で賃貸の場合は特に注意して生活をしなければいけないのです。
例えば建具にキズをつけた、借主の故意や過失による破損等も挙げられます。

詳しい内容

フローリング補修左:施工前   右:施工後

先日、現調に訪問した長野市内の賃貸マンションにてフローリングの補修を行いました。
状況を少しおさらいしますが、収納や下駄箱など湿気が溜まりやすい場所によく設置する除湿剤ですが、
物を移動した拍子に倒してしまいそのまま気づかず生活をしたところ、
気づいたときにはフローリングが黒く変色してしまったという事です。
除湿剤の多くが最初は粒状になっていますが、
室内の湿気を吸収することで、徐々にですが液体に変わっていきます。
その液体がこぼれフローリングの目地から浸入したと考えられます。
施工前の写真をみていただければ分かる様に黒いシミを広範囲に確認する事ができます。
さて、施工ですが最初に下地処理をしてフローリングと補修材との密着を高めます。
最初は既存のフローリングの色に対して薄い色から徐々に着色します。
フローリング全てが同じ色ではなく若干違うので周りとのバランスも考えていかなければいけません。
最終的に周りと艶を合わせて施工終了なります。
施工後の写真を見ていただければわかる様に黒いシミもほとんど目立たず周りの色と合っていると思います。

ページの先頭へ戻る

0120-460-461

無料外壁 屋根診断