長野県長野市高田|しろくまペイントの施工事例をご紹介します。

tel.0120-460-461

無料外壁・屋根診断

タップをして電話をかける

メニューを開く

CASE

施工事例

CASE

2021/01/20

屋根塗り替え

長野県長野市高田
長野市高田で折半屋根の塗装を行いました

Before

長野市高田で折半屋根の塗装を行いました Before 写真

After

長野市高田で折半屋根の塗装を行いました After 写真

長野市高田で折半屋根の塗装を行いました。

施工地域 長野市高田
施工場所 事務所
施工内容 折半屋根の塗装
施工経緯 お取引先からのご依頼
使用材料 アステックペイント 超低汚染リファインシリコン(屋根用)

長野市高田で折半屋根の塗装を行いました。
折半屋根は戸建て住宅で使われるケースは少なく、事務所や工場・店舗が多いです。
上記の場所は天井の断熱性能が戸建て住宅よりも低いので、屋根の熱が直接室内に伝わるため夏場になるとものすごく暑くなります。
冷房を付けていても設定温度まで時間がかかったり、冷房の効きが悪いといったデメリットがあります。
今回は暑さの軽減が目的ですので、塗装するだけで太陽の熱を反射する遮熱塗料を使用し、色に関しても一番遮熱性能の高い白を使って塗装しました。
ただ、淡色系に限らず汚れが溜まり付着する事で遮熱性能は低下していきます。
そういった外的な要因を少しでも減らすためにアステックペイントの超低汚染リファインと呼ばれる塗料を選びました。
汚れが付きづらいのが特徴なので長期間の間は遮熱性能の低下を防ぐ事が出来るでしょう。
真夏でも塗装後に素手で屋根を触っても全くと言っていいほど暑くないのが印象的でした。

住宅の場合は白色を使う事が難しいですが、工場や店舗・事務所では大いに使うべきです。
遮熱機能によって蓄熱を抑えられるので光熱費の減少につながります。
住宅の場合でも遮熱性能は下がってしまいますが、白色以外の塗料もありますのでご安心ください。
また、遮熱塗料は蓄熱を防ぐ効果があるので屋根材自体を保護するので長期間にわたって保護できます。

ページの先頭へ戻る

0120-460-461

無料外壁 屋根診断