しろくまペイントの日々の活動日記。

tel.0120-460-461

無料外壁・屋根診断

タップをして電話をかける

メニューを開く

STAFF BLOG

CATEGORY

CONTRIBUTOR

日々の活動日記

STAFF BLOG

2020/02/04
長野市で外壁塗装を行う前に!長野市風間のアパートの現場調査報告

長野市で外壁塗装を行う前に!長野市風間のアパートの現場調査報告

本日は長野市にあるアパートの現場調査に伺いました。
外壁や屋根の状態、そして軒天に痛みがあるので見てほしいとのご相談です。
どんな状態だったのか、

屋根に使用されている材料はコロニアルです。
このコロニアルは軽量のスレート瓦です。
長野市でも少なくない屋根材の一つです。
30年ほど前からでしょうか?
従来の瓦に代わり普及したきた建材で、軽量かつ安価、施工がしやすく人気になりました。
しかしながら、半永久的にメンテナンスが要らない陶器瓦とは違い、表面塗装が紫外線などで傷むことで防水性能が低下してきてしまい、約10年ごとに塗装によるメンテナンスが必要です。

長野市風間のアパートの屋根の症状

屋根は色褪せており、コロニアルの表面が傷んでいます。
このままで放置すると防水性能が落ちて、雨漏りが発生する恐れがあります。
そうなると、内部まで水が浸入することになり、腐食にも繋がってしまいます。

屋根の頂点に設置されているは軒板金といいます。
台風による風の影響を受けやすい場所で、釘などが緩む事もあります。
瓦を抑える役目もあり、屋根を風から守ってくれています。
そのため、浮きなどが見られた場合にはしっかりと直す必要があります。

風による屋根の飛散などの被害をうまないためにもしっかり補修します。

浮きによって隙間が生じると雨水が浸入し、下地を腐食させます。
雨漏りを起こさないためにも、しっかりとした確認や施工が必要です。

軒天の傷みを放置するとどうなる?

軒天が痛んでいます。
湿気がたまりやすい場所なので、カビも発生しやすいです。
日が当たらないこともあるため要注意ポイントと言えます。
軒天の状態によりますが、劣化が進行してしまっていると張替えが必要です。
塗装では補修できないからです。

軒天は屋根の一部といっても良いです。
そのため、傷みがあると屋根まで影響を受けます。

腐食を放置せず部分的に取り外し、新しく交換しましょう。
屋根や梁などを守ることにもなるのです。

しろくまペイントの現場調査は、ただ見るだけじゃない

今回ご紹介したようにしろくまペイントではアパートの無料診断も行っています。
長野市アパートマンション外壁屋根無料診断様々な建物に対応できるのは、多くの公共工事の修繕を任されてきた知識や技術があるからです。
一工程ひと工程しっかりと丁寧に行うのも、公共工事の工程検査にて培われています。
また、屋根や外壁の損傷が自然災害だった場合には、火災保険が適応される可能性があります。

私、石井は火災保険の申請も行っています。
いくつものご相談や工事を手掛けさせていただきました。

迅速かつ適切な診断で、外構の痛みに対して火災保険が申請できるか否か説明させていただきます。

長野市で外壁や屋根工事のご相談ならしろくまペイントに
まずはお気軽にお電話ください。

ページの先頭へ戻る

0120-460-461

無料外壁 屋根診断