長野県長野市|しろくまペイントの施工事例をご紹介します。

tel.0120-460-461

無料外壁・屋根診断

タップをして電話をかける

メニューを開く

CASE

施工事例

CASE

2017/05/19

雨どい修理・修繕工事

長野県長野市
長野市内で雨樋の交換を行いました『雪害・火災保険』

Before

長野市内で雨樋の交換を行いました『雪害・火災保険』 Before 写真

After

長野市内で雨樋の交換を行いました『雪害・火災保険』 After 写真

長野市内で雨樋の交換を行いました

施工地域 長野県長野市
施工場所 北側雨樋
施工内容 雨どいの交換
目的 雪で破損してしまった雨どいの機能回復
施工経緯 以前、外壁塗装をしていただいたお客様からのご依頼
使用材料 丸樋

5月も下旬になりそろそろ長野県も梅雨入りするのではないでしょうか?
梅雨入りだけでなく、ゲリラ豪雨など雨が降る季節が多くなります。
建物の雨どいは大丈夫ですか?
冬は大雪が降った影響もあり、雨どいの破損による問い合わせが多く寄せられています。
雨樋が破損すると地面に直接雨がかかるので建物が汚れたり、
外壁に水が直接当たったりして建物にいい影響を与えません。
雨が降った日にいつもと違う音がしたり、外壁が汚れているなら、雨どいが破損している恐れがあります。
早めの修繕だけでなく雪による破損を防ぐといった対策も含めて行う事が大事です。

雪害による雨どいの破損、火災保険を使用してお客様負担ゼロで修繕をしました

雨どい交換左:施工前   右:施工後

昨年、塗装工事をご依頼いただいた長野市内のお客様からご相談いただき、雨どいの修繕を行いました。
経緯としては以前より記載していますが、冬の雪による影響で北側の雨どいが破損してしまい、
雨の日に雨どいの機能を果たしていないとの事でした。
施工前の写真の雨どいは雨どい自体が歪んでいるのが確認する事ができます。
この状態だと雨どいの機能を果たすことができません。
雨どいを支えている受け金具は他のお家の物よりも多く設置されていますが
それでも破損してしまうのが雪の怖いところです。
今回は幸いなことに、お客様が火災保険に加入していましたので
そちらの雪害保険を使用し、お客様負担ゼロにて修繕を行う事ができました。
保険に加入しているのに存在を知らず、
実費で修繕をする人もいらっしゃるのでこの機会に知っていただければと思います。
しろくまペイントでは火災保険を使用した雪害の修繕を行っています。
書類等の作成から工事までをワンストップで行っているので
安心してご相談、ご依頼いただければと思います。
長野市内だけでなく、雪の多い中野市や高山村といった地域からも問い合わせをいただいていますので、お気軽にご連絡をください。

ページの先頭へ戻る

0120-460-461

無料外壁 屋根診断