長野県長野市高田|しろくまペイントの施工事例をご紹介します。

tel.0120-460-461

無料外壁・屋根診断

タップをして電話をかける

メニューを開く

CASE

施工事例

CASE

2022/05/19

外壁塗装

シーリング工事

雨どい修理・修繕工事

長野県長野市高田
長野市高田で2回目の外壁塗装工事を行いました

Before

長野市高田で2回目の外壁塗装工事を行いました Before 写真

After

長野市高田で2回目の外壁塗装工事を行いました After 写真

長野市高田で 2回目の外壁塗装工事を行いました『サイディング・凍害』

施工地域 長野市高田
施工場所 戸建て住宅
施工内容 外壁・軒天・破風板・雨樋・水切り・コーキング
施工経緯 ホームページからお問い合わせをいただきました
使用材料 外壁…アステックペイント 超低汚染プラチナリファインフッ素
軒天…ロックペイント   エバーロックネクスト
雨樋、破風板、水切り…KFケミカル スーパーフロンワン
コーキング…オート化学工業 オートンイクシード

長野市高田の戸建て住宅にて、窯業系サイディングの塗装工事を行いました。
ホームページからお問い合わせいただき、現地調査を行った後にご依頼をいただきました。
今回の塗装2回目、前回は10年以上前に他の塗装業者様にて塗装工事を行ったそうです。

2回目の塗装時の注意点

初めての塗装工事とは違い、2回目の塗装工事では使用する塗料が重要です。
1回目の塗装工事の資料が全て残っていることが理想なのですが、理由としては、
それによって使用する塗料の選定がしやすいからです。
そのため塗装工事に限らず、ご自宅のリフォームといった工事などの際に、
依頼した業者さんから提出される書類関係は、全て保存することが望ましいです。
資料がない場合には、事前に既存塗膜が油性か水性かを確認する必要があります。
下塗りに油性を使ってしまうと既存塗膜が侵されてしまうことがありますし、
油性であれば水性・油性共に使うことができます。

放置すると危険なサイディングの凍害

ご存知のように、長野県は寒冷地と呼ばれ、真冬は-10℃を下回ることも多い地域です。
そういった寒冷地で起こりやすい外壁の劣化が、凍害です。
水分がサイディング表面から浸透し、凍結と融解を繰り返すことで
サイディングの強度は低下、
よってボロボロになります。
外壁表面が普通でも裏側から湿気がまわり、裏側がボロボロになることもあります。

そして塗膜性能が低下し、水を吸いやすい状態になってしまうと、
凍害は起こりやすくなります。

軽微な凍害であれば補修にて対応することが可能ですが、あまりにも劣化が進行すると
サイディングボードごと貼り替えをしなければいけません。
その場合にかかる費用も、補修とは比べ物にならない位に費用がかかります。

凍害が起こりやすい場所として、換気扇まわりやベランダ・窓サッシの下です。
また、雪が多く積もる・雪と長期間にわたり面している部分の外壁も注意が必要です。
サイディング外壁に限らず、モルタルやALCと呼ばれる外壁も、
水分を含んでしまうと外壁自体の強度が低下するため、外壁表面を塗装し、
水分を浸透させないことが外壁を保護する上で重要なポイントになります。

左:凍害補修前   右:凍害補修後

左:コーキング撤去後   右:コーキング打ち替え後

左:高圧洗浄   右:下塗り後

左:中塗り中   右:中塗り後

左:上塗り中   右:上塗り後

長野県長野市の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店
しろくまペイント
住所:長野県長野市若里1丁目27−2

お問い合わせ窓口:0120-460-461
(8:00~18:00 土日祝も営業中)
お気軽にお問い合わせください

対応エリア:長野県長野市、須坂市、小布施町、中野市、千曲市他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!
施工実績

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?
➡外壁劣化診断士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
訪問販売・しつこい営業は一切行っておりません!
外壁屋根無料診断

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?
➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ

ページの先頭へ戻る

0120-460-461

無料外壁 屋根診断