長野県長野市|しろくまペイントの施工事例をご紹介します。

tel.0120-460-461

無料外壁・屋根診断

タップをして電話をかける

メニューを開く

CASE

施工事例

CASE

2015/10/04

防水工事

長野県長野市
長野市及び東北信地域における防水工事お任せください『長野市・千曲市・中野市・須坂市の防水工事』

長野市防水工事

施工地域 長野県長野市
施工場所 屋上
施工内容 屋上防水工事
目的 防水工事にて防水層の回復
施工経緯 取引先の建築業者さまよりご依頼を受けました。
使用材料 ガイナ塗料・フッ素塗料

長野市内にある市営住宅の屋上防水工事を行いました。 防水工事には、ウレタン防水やFRP防水・アスファルト防水・シート防水など施工場所や用途で仕様を選択します。 今回の工事は公共物件になります。基本的には仕様書通りの施工となります。 シート防水で施工を行いました。

シート防水とは…

シート防水は、シートを貼りつけて雨水の浸入を防ぐ防水の事をいいます。 マンションやビルの屋上などで多く使用されている防水工事になります。 シート防水のシート材は品質管理された工場で作られているため、品質的なばらつきが少ないので均質な防水層を形成します。 使用している材料は耐候性や耐熱性・耐水性に優れているので、外に露出させた状態でも優れた耐久性を発揮します。

シート防水はどれくらいの耐候年数があるのか

上記にも書きましたがシート防水は耐候性に優れた防水ですが、やはり年月が経過すると徐々にですが劣化してきます。 大体が10年を経過したころに劣化状況を診断する必要があります。劣化の程度によっては再施工をする必要がでてきます。

定期的にメンテナンスを行いましょう。

防水工事が行われている場所は、屋上やベランダなど普段から目につかない、気にしない場所に行われている事が多いです。 防水工事は一度すれば常に大丈夫というものではなく日々、紫外線や風雨の影響で徐々に劣化が進んでいきます。 また人が歩行する場所は特に劣化スピードが速くなります。 防水機能が低下すると雨漏りにつながるなど躯体にも影響を与えかねないので定期的にメンテナンスをして常に防水性能を低下させないようにしなければなりません。

現場写真

  

防水工事の重要性

 

ご自宅のベランダや屋上に、防水加工はされていますか? 普段、あまり気に止めないかもしれませんが、実は新築時に防水工事という施工がされている箇所があります。 防水工事は、建物を守るために必要な工事です。 防水は主に外壁や、ベランダ、屋上などに施されています。 書いて字のごとくから建物をぐための工事です。 建物には雨水や地下水など水がさまざまな形でかかわってくるからです。 水の浸入を防ぐだけでなく、他の場所に漏らさないためにも防水が必要になるのです。 痛んできたなぁと思ったら診断してもらうことをおススメします。

しろくまペイントの防水工事関連記事はこちらから

しろくまペイントの防水工事事例

防水工事関連記事 

長野市大豆島地区について

面積 約4.8k㎡
人口 約12,500人
世帯数 約4,700世帯

長野市にある古牧地区は明治22年に、大豆島村と風間村が合併、現在の区域となりました。 長野市に編入したのは昭和29年となっています。

塗装も防水工事もしろくまペイントにお任せください

 

しろくまペイントでは防水工事を手掛けています。 ちょっと傷んできたからみてほしい、工事をお願いしたいなどありましたらご相談ください。 長野市はじめ、信州新町、中条、小川、白馬村、小谷村、麻績村、坂城町、千曲市、須坂市、飯綱町、信濃町、小布施町、中野市、山ノ内町、木島平村、飯山市、野沢温泉村の塗装工事や防水工事お任せください。

ページの先頭へ戻る

0120-460-461

無料外壁 屋根診断