長野県長野市皆神台|しろくまペイントの施工事例をご紹介します。

tel.0120-460-461

無料外壁・屋根診断

タップをして電話をかける

メニューを開く

CASE

施工事例

CASE

2020/01/22

屋根塗り替え

その他の塗装

長野県長野市皆神台
長野市皆神台で金属屋根と雨樋・破風板の塗装、雪止めの設置を行いました。

Before

長野市皆神台で金属屋根と雨樋・破風板の塗装、雪止めの設置を行いました。 Before 写真

After

長野市皆神台で金属屋根と雨樋・破風板の塗装、雪止めの設置を行いました。 After 写真

長野市皆神台で金属屋根と雨樋・破風板の塗装、雪止めの設置を行いました。

施工地域 長野県長野市皆神台
施工場所 戸建て住宅
施工内容 屋根・雨どい・破風板の塗装
2階北側に雪止めの設置
施工経緯 電話帳よりお問い合わせをいただきました
使用材料 屋根…アステックペイント スーパーシャネツサーモシリコン カーボングレー
雨どい、破風板…アステックペイント マックスシールドフッ素 チャコール

長野市皆神台で金属屋根の塗装を行いました。

施工前の状態は色あせを確認できたもののサビの発生はほとんどないきれいな状態の屋根でした。
他に塗装した破風板や雨どいも同じような劣化具合です。

今回屋根に使用した塗料はアステックペイントの遮熱塗料でスーパーシャネツサーモシリコンになります。
色は人気のカーボングレーで最近当社にご用命くださるお客様のほとんどがこちらの色になります。
もちろん他の色もあるのですが、ほぼ100%カーボングレーを選んでいただいています。
雨どいや破風板は元々茶色系でしたが、屋根の色が変わるのと同時に黒系のチャコールという色に塗り替えをしました。
使用した塗料は外壁にも使えるのですが、当社では雨どいや破風板といった付帯部の塗装に使うアステックペイントのマックスシールドフッ素です。
艶は3分艶で塗装しました。
フッ素塗料はシリコン塗料よりも費用の面で高価になりますが、高耐候性で長期間にわたって紫外線や風雨から塗装箇所を保護する事が出来ます。
付帯部ではフッ素塗料を使用しましたが、屋根だけでなく外壁に使う事の出来る塗料もフッ素塗料がありますので、費用も大事ですが高耐候性を求めるお客様にはおすすめできる塗料です。
使用する塗料は現調の段階で塗装箇所の劣化状態や素材を確認し、お客様にお話を伺いながら数種類の塗料を選び提案をしています。
建物や立地によっても劣化具合も違いますし、お客様の塗装に関係するお悩みも違うので数種類の塗料を提案しているのです。

その他の工事として2階北側屋根に後付けで雪止めを設置しました。
2階屋根からの落雪が1階の屋根に落ちた時の音が気になるというお悩みでした。
落雪する事で屋根材自体にもキズや凹んでしまうといったダメージを負ってしまうので、雪止めを付ける事でそういった事も抑える事ができます。
屋根からの落雪で困っている、近所に落雪で迷惑をかけたくないといったお客様におすすめできる商品です。
屋根に雪止めを設置する際は高所作業になる事がほとんどですので仮設足場を設置しなければなりません。
足場を設置するのであれば、今回の様に塗装工事とセットで行うか雨どい等の修繕と一緒に行ったほうがコストを下げられます。
足場だけでもいい金額がかかるので、もちろん一緒に行うと最初にかかる費用は多くなりますが、足場にかかる費用が1回分です。
逆に数回に分けるとその工事ごとに費用がかかるのでトータルで考えると高くなってしまいます。

皆神台のお客様の様に外壁は平気だけど屋根だけ塗装したいお客様も増えてきています。
逆に外壁だけ塗りたいといった事も同様です。
まずは建物の状態を知る事が重要です。
今塗装をした方がいいのか、数年後にしても平気なのかといった事です。
知るためにも建物の調査をしましょう。

しろくまペイントはほとんどのお客様がホームページからの問い合わせなので、訪問販売や電話営業を一切しませんし現場調査・御見積までは無料で行っていますのでご安心ください。
御見積に記載する塗料のカタログも全てお渡しします。

冬期期間中は塗装工事を行いませんが、現調は行っています。
ただ、雪が降ると屋根の状態を確認する事が出来ないので日程の調整をさせていただくことがありますのでご理解ください。

下記に屋根の塗装工事事例を掲載します。

https://savepaint.net/case_newly_categories/icon02

左:雪止め施工前   右:雪止め施工後

左:破風・雨どい施工前   右:破風・雨どい施工後

ページの先頭へ戻る

0120-460-461

無料外壁 屋根診断