しろくまペイントのお知らせや新着情報のご案内。

tel.0120-460-461

無料外壁・屋根診断

タップをして電話をかける

メニューを開く

STAFF BLOG

お知らせ・新着情報

NEWS

2019/01/11
消費税を8%でおさえるための契約方法!!

今年は消費税が引き上げになる年

とうとう今年の10月から消費税が現行の8%から10%に引き上げられます。
消費税が引き上げられる前に塗装工事などの各種リフォーム工事を検討されている方も多いのではないでしょうか?
実際には2%上昇する形ですが、なかなかイメージが付きにくいのが目に見えにくいリフォーム工事です。
そこで下記に簡単ですがまとめてみました。

塗装工事:1,000,000円+消費税(8%) : 80,000円=1,080,000円
塗装工事:1,000,000円+消費税(10%):100,000円=1,100,000円

差額は20,000円多くなります。

となります。
お客様の中には2万円の感じ方はそれぞれだと思いますが近い将来に塗装工事リフォーム工事を予定している方にとってはタイミングがいいかもしれません。
その一方で、増税だからという理由だけで塗装工事などのリフォーム工事を勧めてくる会社には気を付けた方がいいでしょう。
確かに駆け込み需要がありますが、果たして本当に必要なのかを見定めなければなりません。
これからの時期は本当にそういった消費税増税だからという理由だけで営業してくる業者が多くなってきます。
訪問販売や電話営業が頻繁にくる可能性が高いです。

消費税を8%に抑えたまま工事をするには

近い将来にリフォーム工事をやる予定だったから8%のうちにやっておきたいお客様。
引き渡しの時期を間違えると10%になってしまう可能性も!!
ここで間違えてしまうとせっかく工事を依頼したのになんて事もあるでしょう。
下記の図を参考にして今後のリフォームスケジュールを立ててみてください。

図にも記載してありますが、4月以降は大混雑が予想されます。
どの塗装会社やリフォーム会社も混雑しているでしょう。
中にはその時期は無理だという事で断られる事もあるかと思います。
そういった会社さんは正直だと思います。
逆に何でも請けてしまう会社は注意が必要かもしれません。
従業員や職人さんが多く在籍している会社なら別ですが。
増税する日が決まっている以上、職人さんもそこまでには引き渡しを終えなければという気持ちが芽生えてきます。
急いで仕事をすると品質の低下や安全対策が疎かになり、トラブルが発生します。
一番迷惑をこうむるのはお客様自身だという事になります。
確実に塗装工事やリフォーム工事を失敗しないためには、しっかりと計画を立てるそれに尽きるのではないでしょうか。

ページの先頭へ戻る

0120-460-461

無料外壁 屋根診断