暮らしを楽しむ情報たくさんのしろくまコラム。

tel.0120-460-461

無料外壁・屋根診断

タップをして電話をかける

メニューを開く

SHIROKUMA COLUMN

コラム

SHIROKUMA COLUMN

2018/04/16
お家のブロック塀をキレイにする塗料が発売されました。

建物はキレイになったのに、塀だけが汚い事ってありませんか?

外壁や屋根の塗装をして家が物凄くキレイになったのに、建物を囲う塀だけが汚いってことありませんか?
塗装工事をしてくれた時に洗浄まではしてくれたけど、塗装をしてくれる会社もあまり多くはないでしょう。
ある程度の汚れは落ちても黒ずんでいることは多くあります。
そのようなお悩みを解決するのに適した塗料がアステックペイントから販売されました。

ブロック塀とは

ブロック塀とは、コンクリートブロックです作られた塀の事を指します。
コンクリートブロックにも様々な種類がありますが、一般住宅で使われるものは建築用コンクリートブロックと呼ばれています。
建築用コンクリートブロックを水平かつ垂直方法に並べて作られたものがブロック塀と呼ばれています。
日本では明治時代中期ごろから使われ始めたと言われています。
コンクリートブロックはホームセンターで購入ができるほど身近な商品になりました。

ブロック塀が汚れる理由

最近は使われるケースが減ってきたブロック塀ですが、まだまだ需要があるもので隣家との境界の為に使われたり、道路から敷地内を見られない様にするためのプライバシー保護としての役割を持っています。
しかし、長年手入れをする事もないブロック塀は風雨によって徐々にですが汚れが付着していきます。
汚れだけではなく、雨の影響で使われているコンクリートブロックの中性化が起こります。
コンクリート自体はアルカリ性ですが、大気中の二酸化炭素がコンクリートの成分でもあるアルカリ性と結びついて徐々に中性化していくのです。コンクリート自体の強度には支障はありませんが、内部で使われている鉄筋などの金属が腐食し、ブロック塀自体の強度も徐々に低下していくのです。
そのため、地震が起きたりするとブロック塀ごと倒壊するケースもあります。

ブロック塀の寿命とは

ブロック塀自体の耐用年数はきちんと施工し、厚さが15センチのものを使ったとしても30年程度と言われてます。
実際のところブロック塀を作る場合、厚さが薄いブロックが使われることが多いので寿命としては短くなってしまいます。
ただ、ブロック塀を建てたあと10年程で徐々にですが劣化具合を目視でも確認ができます。

少しでもブロック塀を長持ちさせるために

上記にも記載しましたがブロック塀は汚れやすく、水分を吸収しやすい事を頭に入れておかなければいけません。
ブロック塀は常に地面と接しているので、ずっと水分を吸収しながら放出している状態です。
ブロック塀の表面が剥がれているのを見たことありませんか?
汚れてくると外壁や屋根同様にキレイに塗装したくなる物ですが、選択する塗料や施工方法を間違えるとせっかくキレイになっても早い段階で剥がれてしまう結果になります。
コンクリートブロックは常に呼吸をしていますが、塗装する事で塗膜ができるので呼吸をする事ができなくなります。
そうなると地面からの水分をひたすら吸収し続ける結果になり、その水分が逃げようとして塗膜を膨らませる事に繋がるのです。
かといって塗装仕上げは不可能という訳ではありません。

ブロック塀専用塗料エクスファインとは?

塀をキレイに塗装したい方へおススメするのが、アステックペイントのエクスファインというブロック塀専門の塗料になります。
エクスファイン艶消

落ち着いた美しい仕上がりのため、建物のイメージを一新できます

ブロック塀の外観は、第一印象を左右します。
ブロック塀は道路に面しているため、最も通行者の目に入りやすい部位です。
そのため、家の外観が綺麗でもブロック塀が汚れていると、家全体の第一印象を悪くしてしまう場合もあります。
だからこそ、外壁・屋根の塗り替えの際には、ブロック塀もあわせて塗り替えることをおすすめします。
塗装前塗装後

色展開

淡彩色を中心とした全36色を揃えております。家の雰囲気に合わせて色をお選びください。
※あくまでサンプルの色味です。実際の色味とは異なりますので、必ずアステック外装用色見本帳やアステック大判色見本帳をご確認ください。
色展開

エクスファイン艶消の4つの特徴

①艶消

艶消塗料のため、光沢を抑えた落ち着いた仕上がりになります。
光沢
光沢度の低いエクスファイン艶消の方が、塗膜表面の光沢が少なく落ち着いた仕上がりになります。

②低汚染性

けい酸質結合材を用いており、塗膜の親水性や硬度が高いため、長期間にわたる美観の保持に役立ちます。
■雨筋屋外暴露試験(6ヶ月経過後)
雨筋屋外暴露試験
6ヶ月経過後も雨筋汚れが発生せず、美観を保っています。

低汚染性が高い理由①親水性
親水性親水性が高いため、雨水が塗膜と汚れの間に入り込み、汚れを洗い流します。

低汚染性が高い理由②高硬度
エクスファイン艶消は、高い硬度を有しています。

エクスファイン艶消水系フッ素樹脂塗料
23℃H3B

■鉛筆引っかき硬度
6B→5B→4B→3B→2B→B→HB→F→→2H→3H
[軟]            →            [硬]

③透湿性

透湿性ブロック塀は、あらゆるところから水を吸収するため、透湿性の高い塗料を使わなければ、塗装後に、膨れや剥離などが発生してしまいます。
エクスファイン艶消は、高い透湿性が求められる軒天塗料と比較して約1.5倍の透湿性を持っているため、膨れや剥離などが発生しにくいといえます。

④高耐候性

促進耐候性試験3000時間をクリアー。
10~12年相当の耐候性が実証されており、長期間に渡ってブロック塀を紫外線・雨などの劣化要因から保護します。
※あくまで試験環境下における実測値であり、耐候性を保証するものではありません。実際の自然ばく露環境下では、下地の状態、施工方法、気象条件等により耐候性は異なる場合があります。

最後に

多くの塗装をされたお客様が建物はキレイになったのに、ブロック塀だけが汚いというお悩みを解決できるひとつがアステックペイントのエクスファインではないかと思います。
もちろん、美観だけでなくブロック塀を保護する事にもつながるので、塗装工事の際に一緒に行われることをおすすめします。
ブロック塀は灰色なので、塗料も灰色しかないのではと思われがちですが、エクスファインは全36色から選ぶ事が出来るので、建物の色やイメージにも合わせられます。
また、ブロック塀だけの塗装工事も承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

ページの先頭へ戻る

0120-460-461

無料外壁 屋根診断