暮らしを楽しむ情報たくさんのしろくまコラム。

tel.0120-460-461

無料外壁・屋根診断

タップをして電話をかける

メニューを開く

SHIROKUMA COLUMN

コラム

SHIROKUMA COLUMN

2016/07/20
雨樋は多くのパーツで成り立っています

雨どいの部位や名称について

雨樋とは多くのパーツが組み合わさって雨樋と呼ばれ、その多くのパーツがそれぞれ役割を持っています。
雨樋とは多くのパーツが組み合わさって雨樋と呼ばれ、その多くのパーツがそれぞれ役割を持っています。

長野県もそろそろ梅雨明けしそうな気配がしていますが、突然の雨には注意しましょう。
よく、お客様から雨樋について聞かれる事があります。
雨樋とは多くのパーツが組み合わさって雨樋と呼ばれ、その多くのパーツがそれぞれ役割を持っています。

どんなパーツがあるのでしょうか!?
主なパーツをご紹介します。

各部の名称

軒樋

軒先に合わせて屋根面からの雨水を受ける部分です
軒先に合わせて屋根面からの雨水を受ける部分です

軒先に合わせて屋根面からの雨水を受ける部分。最近では角型も増えてきていますが、半円型の方が多い

軒継ぎ手

雨樋と雨樋をつなぐパーツになります。
雨樋と雨樋をつなぐパーツになります。

軒樋には2.7mや3.6m等の種類があり必要に雨樋と雨樋をつなぐパーツになります。

曲がり

外曲がりと内曲がりがあり、屋根の種類で使い分けられています。
外曲がりと内曲がりがあり、屋根の種類で使い分けられています。

寄棟屋根で使用します。外曲がりと内曲がりがあり、屋根の種類で使い分けられています。

集水器

軒樋から流れてきた雨水をスムースに縦樋に流すためのマスやじょうごになります。
軒樋から流れてきた雨水をスムースに縦樋に流すためのマスやじょうごになります。

軒樋から流れてきた雨水をスムースに縦樋に流すためのマスやじょうごになります。

エルボ

入り組んだ外壁に応じて軒樋と縦樋をつなぐ部品になります。
入り組んだ外壁に応じて軒樋と縦樋をつなぐ部品になります。

入り組んだ外壁に応じて軒樋と縦樋をつなぐ部品になります。

止まり

雨水がこぼれるのを防止するために樋の先端に取り付けるもの
雨水がこぼれるのを防止するために樋の先端に取り付けるもの

雨水がこぼれるのを防止するために樋の先端に取り付けるもの。部材によって止まりの形状は違います。

縦樋

軒樋から地面に向けて水を流す縦方向の樋です
軒樋から地面に向けて水を流す縦方向の樋です

軒樋から地面に向けて水を流す縦方向の樋です。

寄せマス

2本の樋を1か所に集めるための部品です。
2本の樋を1か所に集めるための部品です。

2本の樋を1か所に集めるための部品です。

縦継ぎ手

縦樋の基本の長さは2.7mなのでそれより長い物は必要に応じて継ぎます
縦樋の基本の長さは2.7mなのでそれより長い物は必要に応じて継ぎます

縦樋の基本の長さは2.7mなのでそれより長い物は必要に応じて継ぎます。

雨樋が壊れる時は上記のパーツが破損して雨樋としての役割を有していない事になります。
全体的に修理をするとどうしても費用がかかってしまいますが、部分的に壊れたところだけを修理するのであれば費用もそこまでかかりません。

雨の日に雨樋の状態がおかしいなと思ったら一度見ましょう。

ページの先頭へ戻る

0120-460-461

無料外壁 屋根診断