暮らしを楽しむ情報たくさんのしろくまコラム。

tel.0120-460-461

無料外壁・屋根診断

タップをして電話をかける

メニューを開く

SHIROKUMA COLUMN

コラム

SHIROKUMA COLUMN

2016/05/27
鉄が水にかかると錆びる理由(早めの塗膜再生を!)

鉄は水がかかるとなぜ錆びるのか?

mizu
さびは鉄が酸化したもので、酸化鉄とも呼ばれます。鉄の酸化には溶解する水分、溶解を促進させ、安定化させるための酸素が必要です。塗膜はこの水分と酸素が鉄と接触することを防ぐ役割があります。

鉄に限らず、多くの金属は他の材質を混ぜてできたものになります。
実際、見た目は均一に見えるかもしれませんが、顕微鏡レベルで見た場合ムラが生じている状態になります。
鉄には、エネルギーの大きい部分と小さい部分があります。
このエネルギ―は乾燥状態では反応しないので錆びることはありません。

サビの発生

さびが進行すると、建材としての役割が果たせなくなってしまうため、塗り替えが必要となります。
さびが進行すると、建材としての役割が果たせなくなってしまうため、塗り替えが必要となります。

水がかかった場合に鉄の一部が水と結合をするのでそこから錆が徐々に発生していくということで、完全に錆びてしまったものは、ほとんど鉄としての役割を持っていない事になります。
そうなってしまうと交換位しか手がなくなってしまいますので、いかにして日頃からのメンテナンスが重要という事になります。

サビの種類

赤さび

錆びは金属全般の腐食生成物のことです。
錆びは金属全般の腐食生成物のことです。

空気中の酸素の作用により、金属の表面に作られた赤茶色の酸化水酸化鉄の事をいいます。
赤さびは水に溶けやすく、強度もないもろいさびと言われています。
気を付けなければならないのが、進行が非常に速いさびなのです。

黒さび

鉄の表面にできる酸化膜で、黒サビは、赤サビの発生を抑えることができます。そのため黒さびは良性の錆と言われることもあります。意図的に鉄の表面に膜をつくり、その膜で錆から保護します。
鉄の表面にできる酸化膜で、黒サビは、赤サビの発生を抑えることができます。そのため黒さびは良性の錆と言われることもあります。意図的に鉄の表面に膜をつくり、その膜で錆から保護します。

赤さび同様に鉄に付着するさびですが、鉄によく密着していて硬く安定しているので、鉄を保護する役割を担っています。
美観の面でキレイではないので清掃を行って錆を取らなければなりません。

白さび

白さびは亜鉛が酸化して出たさびです。亜鉛は腐食により白色の粉が発生します。
白さびは亜鉛が酸化して出たさびです。亜鉛は腐食により白色の粉が発生します。

亜鉛酸化物がメッキの表面に付着しているものです。
メッキ層が雨露に乾燥せずに残ってしまう環境下で発生します。
白さびはメッキの表面にかさばって付着しているさびですが、メッキ部分の腐食がわずかでもその表御面に付着してしまうので定期的に清掃をしなければなりません。

青さび

青さびは緑青(ろくしょう)とも呼ばれ、銅が酸化することで発生します。
青さびは緑青(ろくしょう)とも呼ばれ、銅が酸化することで発生します。

銅が酸化することで発生します。銅製品の表面に膜を作り内部の腐食を防いだりします。

塗膜下腐食

塗膜下腐食
塗膜の浮きなどによって隙間が生じると酸素や水分が透過するのでその部分からサビが発生してしまいます

塗膜下腐食が起こる原因はサビ面やケレン後に塗装する下塗り材等が凹凸面まで浸透しない場合、金属面と下塗りの塗膜の間に隙間が生じます。
隙間が生じると塗膜から酸素や水分が透過するのでその部分からサビが発生します。見た目では気づきづらいですが内部ではサビが進行していることがあるのです。

さびを防ぐためには

金属の使用用途や環境・コストを考えたうえで適した方法を選択しましょう。
金属の使用用途や環境・コストを考えたうえで適した方法を選択しましょう。

さびが起こる原因でもある、鉄と酸素の結びつきを防がなければなりません。
その結びつきを防ぐために金属の表面をほかの物質で覆い酸素を遮断する方法です。
塗装によって覆うのか被せるのか色々と方法はありますが、金属の使用用途や環境・コストを考えたうえで適した方法を選択しましょう。

さびの進行と段階

一端さびができると、進行するには時間がかかりません。腐食によって素材表面が薄くなったり、穴が開いてしまうので早めの対策をおこないましょう。
一端さびができると、進行するには時間がかかりません。腐食によって素材表面が薄くなったり、穴が開いてしまうので早めの対策をおこないましょう。

鉄に一度でも錆びが始めると徐々にですが進行していきます。新たなさびの発生や進行を助長します。
さびが進行すると鉄が腐食します。例えば鉄部の厚みが減少していき、ひどくなると穴があくほどまで進行します。

ページの先頭へ戻る

0120-460-461

無料外壁 屋根診断