暮らしを楽しむ情報たくさんのしろくまコラム。

tel.0120-460-461

無料外壁・屋根診断

タップをして電話をかける

メニューを開く

SHIROKUMA COLUMN

コラム

SHIROKUMA COLUMN

2016/05/02
エフロレッセンス「白華」とは?

エフロレッセンス「白華」とは?

コンクリート打設のようすです
コンクリート打設のようすです。一般的に現場ではミキサー車を使ってコンクリート打設が行われます。

~あなたの家族の健康にとことんこだわった塗装店~赤ちゃんからお年寄りまで
おはようございます
長野の地域密着塗装店しろくまペイントです。

『エフロレッセンス』『白華』と呼ばれる現象はご存知でしょうか?
見出しの写真が、その現象を指します。

セメントの成分がコンクリート表面に染み出た白色の物質のことで、「エフロレッセンス」、「白華」と言われています。
漏水箇所やクラック部分に出やすく、特にコンクリートの養生不足や冬場打設した場合等に、よく発生します。
エフロエッセンスは、塗膜へ透過して、仕上がりや付着性に影響を与える場合があります。

白華が起こる原因

dc333fa86aa2dfaa46bfaa509bde83a5_s
雨をはじめ紫外線など建物に対しさまざまな劣化をもたらします。

白華が起こる原因はモルタル内に含まれている水酸化ナトリウムが浸入した雨水等に溶けて、空気中の炭酸ガスと反応して炭酸カルシウムになったものです。
コンクリート製品や、レンガ製品に起こりやすい現象です。特に冬や湿度の高い気象条件で発生しやすいです。

白華した時の治し方

c0d3faad262a987811ddb915830df65f_s
軽い白華の場合はナイロンブラシで落とすことができます。

軽い白華の場合はナイロンブラシで落とすことができます。
ひどい白華になると水だけで落とすことが難しいので市販されている白華除去剤を活用しましょう。

白華を放置すると

7b5a306c397bcee64b90a6d583d61e91_s
コンクリート打設後のようすです。

コンクリートのひびによってアルカリ成分が染み出し、徐々に中性化します。
ひび割れが無い場合、コンクリート内部の鉄筋はアルカリ性で錆びることなく保たれていますが中性化したコンクリート内部は鉄筋が徐々にサビていくので耐久性が損なわれていきます。
このような状態で気になる箇所がありましたら、まずはご相談下さい。

ページの先頭へ戻る

0120-460-461

無料外壁 屋根診断