暮らしを楽しむ情報たくさんのしろくまコラム。

tel.0120-460-461

無料外壁・屋根診断

タップをして電話をかける

メニューを開く

SHIROKUMA COLUMN

コラム

SHIROKUMA COLUMN

2016/01/16
バリアフリーリフォームにおいて補助金や助成制度を受けるためには

介護保険の対象者であれば補助金や助成金が支給される場合があります

バリアリフォーム助成金
障害があったり介護保険の対象者であれば、住宅改修工事に補助金や助成金が支給される場合があります。

あなたの家族の健康にとことんこだわった塗装店~赤ちゃんからお年寄りまで~
みなさんおはようございます。
長野の地域密着塗装店しろくまペイントです
本日は、バリアリフォームにおいて補助金や女性制度を受けるためについてです。

障害があったり介護保険の対象者であれば、住宅改修工事や福祉用具の購入に際して補助金や助成金が支給される場合があります。
これは、介護保険法・身体障害者福祉法などそれぞれの法律に基づいて給付されます。

またこの他にも自治体独自の補助制度もあります。

助成が受けられる条件が細かく定められています

バリアリフォームトイレ
助成が受けられる条件が細かく定められているため、内容と給付条件の把握が重要です

助成が受けられる条件が細かく定められているので、助成の内容と給付条件の把握が重要になります。

まずは公的な助成制度があることを知っておき、購入や工事の前に必ず、自治体の窓口に助成の条件を確認してください。

介護保険法では、介護保険給付の対象者と認定され、在宅での介護サービス計画(ケアプラン)が作成されると、その計画に基づいたサービスを受ける事ができ、その1つが住宅改修費の支給で、福祉用具の貸与や購入費の支給になります。これらは全額支給ではなく、利用者側の全額負担があります。

いずれもケアプランの一環としての助成になりますので、ケアマネージャーとの連携は欠かせなくなります。

ページの先頭へ戻る

0120-460-461

無料外壁 屋根診断