なぜ!?鳥が攻撃する不思議なガラス

上田市内で窓フィルムの現調にお伺いしました。

現調地域長野県上田市
現調場所建物入り口ドア
現調内容カラスがドアのガラスを突っつく
現調経緯ホームページから問い合わせをいただきました

上田市内にあるビルに入居している企業様より問い合わせがありましたのでお伺いしてきました。
今まで室内に入ってくる日差しをどうにかしたい、外からのプライバシー保護といった窓フィルムのお問い合わせは数多くいただきましたが、今回は初めての問い合わせ内容でした。
上記にも記載しましたが、カラスがドアのガラスを突っついて困っているとの事でした。
なにも、ガラスだからカラスを掛けた訳じゃありませんよ!
詳しく話を聞いてみると入り口のドアにはガラスフィルムが貼ってあるらしく、フィルムの特性で鏡の様になり、カラスは自分自身が写っているにも関わらず敵だとみなして攻撃をするそうです。
最初はそんな事があるのかと思い、調べてみると本当にそう書いてありました。
実際に現場に伺ってみて、ガラスドアを見てみるとガラス表面には何か突っついたような跡を確認する事ができました。
また使用されているフィルムもこげ茶色で確かに鏡の様に反射していました。
建物の周りには木々が多く生えているわけでもなくどちらかというと住宅や他の建物が多くあるのにそのビルの入り口だけを突っついているのもフィルムを貼ったガラスが影響しているのではと思いました。

窓フィルムには様々な可能性を感じます。窓のお悩みにお役立ちできるかも

鳥攻撃ガラス

左:鏡の様に反対側が写っている   右:フィルムとガラスの隙間と気泡

今までは日差し対策やプライバシーも保護の一環としてフィルムをご提案させていただきましたが、今回の様にフィルムを貼る事でカラスの被害を受ける可能性があるという事を勉強させていただきました。
窓フィルムを貼った事で全ての環境下で起こるとは考えづらいですが、一応頭に入れておいてください。
提案させていただく予定の窓フィルムがまったく光も反射しない窓フィルムで鏡の様に自分自身が写らないので施工後には被害が減るのではないでしょうか?
今回の様な事例の様に悩まされている方もいらっしゃると思います。
窓の日差しやぽプライバシー保護といった目的以外にも鳥害の軽減といった効果にも期待がありそうなので、一度ご相談くださいませ。