長野市若里でトタン屋根等の現調を行いました。

長野市若里でトタン屋根等の現調を行いました。

現調地域長野県長野市若里
現調場所戸建て住宅
現調内容屋根・外壁
現調経緯ホームページから問い合わせをいただきました。

暑さ寒さも彼岸までと言いますが今年はいつまで残暑が続くのかと不安になっています。
ここ数年、秋をほとんど感じることなく冬を迎えている気がします。
避暑地が多い長野県でもほとんどの地域で30℃を超えている訳ですから異常気象といえるでしょう。
ただ、夜になると涼しいのでいくらかは過ごしやすいのが助かっています。
猛暑になると野菜が高騰するようです。
身体の熱を下げてくれるキュウリも値上がりしているそうです。
猛暑になるとエアコンの需要が高まったり飲料の売り上げが上がる効果もありますが、猛暑によって影響を受ける産業があるのも事実ですので、適度な晴れと適度な雨でそういった価格が変動しやすい商品が適正な価格に早く戻って欲しいものです。

夏場の金属屋根の温度知ってますか?その熱が室内にこもると・・・

トタン屋根現調①

左:色褪せの進んだトタン屋根   右:トタン屋根のサビ

トタン屋根現調②

左:金属屋根に発生したサビ   右:モルタル外壁の汚れ

ホームページから問い合わせをいただいた会社から徒歩5分のお客様です。
屋根や外壁の劣化から塗装を検討しているというパターンではなく、暑いから塗装をしたいという事でした。
今年は気象庁でも言っているように異常気象の猛暑です。
お客様は以前テレビで遮熱・断熱塗料の特集を見て気になっていたそうです。
その塗料がガイナです。
当社は長野県でも数社しかないガイナの提携施工店です。
お客様がガイナを調べている過程で当社を知って問い合わせを下さいました。
そのため、塗装する塗料はガイナでと指定くださりご依頼もいただいております。
ところで金属屋根の温度ですが、普通に70℃は超えてきます。
目玉焼きが焼ける温度です。
素手で触ればやけどするくらいの温度です。
そうなると日中に金属屋根に蓄熱したものが夜に放熱するわけですから、室内は暑くなるばかりです。
それ以外に外壁もモルタルで蓄熱する訳ですから、結果クーラーを付けなければ暑いという事です。
ただ、ガイナを塗装すると遮熱効果があるので蓄熱する温度を抑えられるばかりか、室内でクーラーをつけても断熱効果で冷気が外に逃げるのを抑えてくれる効果があります。
冬場は暖房にも効果があります。
また、外に取り付けてある室外機も稼働している時・太陽の熱が当たっている時は温度が上昇し負荷がかかる状態でエアコン自体にもその影響が現れます。
ガイナは室外機にも塗装ができます。
ご相談ください。
ガイナの塗装は提携施工店でもあるしろくまペイントにおまかせください。
今年中の塗装工事でもまだ間に合います。
もう八月ですが残暑も厳しいと思われますので、お客様が少しでも快適に生活できるように貢献させていただきます。