長野市内のホームセンターで床タイルの交換を行いました『店舗内・タイルの陥没』

長野市内のホームセンターで床タイルの交換を行いました。

施工地域長野県長野市
施工場所店舗内
施工内容陥没してしまったタイルを撤去し新しいタイルの設置
施工経緯お客様からのご依頼

昨日、一昨日と台風21号の上陸の影響で長野県でも大雨や強風の影響を受けました。
高速道路が一部通行止めになったり避難勧告が出るなど、大きな爪痕を残しながら太平洋沿岸に抜けていきましたが、大雨の影響で地盤が緩んでいる事もあり、土砂崩れや樹木の倒壊といった危険性があるので引き続き注意が必要ですね。
林や森が隣接している道路では強風で飛んだ木の枝が散乱していたので車を運転する方はパンクにも気を付けましょう。
天気予報をみると明日以降は曇りのち晴れの予報が続くので、雨はひとまず安心できますが、最低気温が一ケタと寒い日が続くので防寒対策をとって風邪をひかない様にしてください。

店舗ではタイルが使われることが多いので破損した場合は早めの交換

床タイル交換

左:タイル交換前   右:タイル交換後

取引のある会社様からの修繕の依頼がありましたので行ってきました。
もともと貼ってあったタイルが何かしらの原因によって割れてしまい陥没を起こしてしまったそうです。
そのままでは来店するお客様も危ないですからね。
作業をした場所は店舗内という事もあって営業中に行う事は不可能だったので、閉店を待ってからの作業となりました。
店舗内で生鮮食品等も扱う事から、現場で発生するホコリには細心の注意を払わなければなりません。
そのため作業開始前には施工場所を中心としてビニールシートなどで囲い覆う形で作業時に出るホコリを飛散させない様にする対策を取りました。
もともとのタイルを電動工具を使用して撤去した後に、モルタルで下地調整をしてから新しいタイルを貼りました。
最後に目地の部分にも防水性能があるモルタルを充填して、清掃を行い施工終了です。
店舗といった不特定多数の人が多く歩く場所では、何かしらの要因によってタイルが破損する事があります。
今回は店舗の方が応急処置で上からテープを貼っていましたが、そのままの状態だと足やカートが引っかかりつまづいてしまう事が考えられます。
貼り替えをしたことでつまづくリスクは減ったことでしょう。
利用者の安全を確保するためにも危険箇所の修繕は早めにすることが望ましいです。