長野市内で外壁塗装工事が始まります。

長野市内で外壁塗装工事が始まります。

施工地域長野県長野市
施工場所軒天、破風板、雨どい、鋳造柵
施工内容軒天、破風板、雨どい、鋳造柵の塗装
施工経緯お客様からのご紹介
使用材料軒天…アステックペイント マルチエース(N-90)
雨どい…アステックペイント セラマックスフッ素(ヤララブラウン)
破風板…アステックペイント セラマックスフッ素(ヤララブラウン)
鋳造柵…アステックペイント セラマックスフッ素(ガレッジグリーン)

ここ連日天候の悪化で塗装工事の遅延が起こってしまい、お客様にはご迷惑をおかけしています。
毎日天気予報とにらめっこしながら段取りを行っています、品質にこだわった納品をさせて
いただきますのでご理解ください。
10月に入ってからも多数の問い合わせとご依頼をいただいております。
これから徐々に冬に近づいていきますが、しろくまペイントは塗装工事だけなく内装工事も
長野市を中心として須坂市や中野市、千曲市、小布施町等でもおこなっておりますので
お気軽にご相談ください。
10月17日までの問い合わせやご依頼の内容(一部)
・長野市内、外壁塗装工事の問い合わせ
・長野市内、店舗内タイルの補修工事のご用命
・信濃町内、スキー場施設内窓フィルム工事のご用命
・長野市内、住宅基礎の補修工事のご用命
・長野市内、住宅の壁紙クロス等の貼替中
・長野市内、住宅塗装工事中
・長野市内 住宅フローリングリフォーム2件
・中野市内 住宅フローリングリフォーム
・須坂市内 外壁塗装工事のお問い合わせ

上記に記載したのは一部です。
上記以外の施工や現地調査もしています。もちろん、見積の提出までは完全に無料ですしその場で契約を急がせることも致しません。
何事もタイミングが重要ではないでしょうか?

施工をしたいタイミングは人それぞれで、今年中に施工を終えて来年はキレイな家で一年を始めたいといった声をよく聞きます。
そのため、施工をしたい時期から逆算をして問い合わせをすれば失敗する可能性は極端に少なくなるでしょう。

屋外での塗装工事は難しい時期になってきましたが、来春の塗装工事のために、今のうちから見積もりをとって来春の工事でを予約するお客様もいらっしゃいます。
雪が降りまじめると今まで見えていたと屋根が見えなくなります。

中には屋根を点検しますといって上がる業者もいるそうですが、悪徳っぽい会社になるとわざと屋根材を破損させてお客様を不安にさせる業者がいますので必ず屋根には上がらせない様にしてください。
また屋根は滑りやすいので足場などもない状態だと滑落し大けがでは済まない可能性があるので気を付けなければなりません。

塗装工事に限らず高所で作業をする際は必ず仮設足場が必要になります。

長野市内で本日より住宅の塗装工事が始まります。

施工範囲は屋根、壁以外の付帯部と呼ばれる、軒天、破風板、雨どい、鋳造物の柵になります。多くが高所での作業になりますので

必ずと言っていいほど仮設足場の設置が必要になります。

塗装工事に限らず、建設工事でも必要になる仮設足場ですが、高さが2m以上で作業をする場合には必要になってきます。
仮設足場を設置する事で近隣へのトラブルを抑えられるだけでなく、
施工する人間の作業効率や安全性が向上します。

足場を設置せず施工をしている塗装業者もいますが労働安全規則の観点からも適しているとはいえません。
確かに塗装工事全体の中の足場にかかる費用は全体の2割ほどになり、その費用を削るだけでもお客様にとっては助かる事かもしれませんが上記の理由から言えるように必ず必要な費用です。

長野県でも一年に一度は塗装工事中の転落事故が労災事故として報告されています。

必ずしも足場を設置しなかったからとは言えませんが、このように事故が起こるという事は起こりうる原因があったという事になります。
事故が起こると現場がストップするのでお客様に多大なご迷惑をおかけしてしまいます。
しろくまペイントの塗装工事は必ず足場の設置をお願いしていますのでご理解ください。