長和町にある工場の屋根等の塗装完了しました『2液シリコン塗料・金属屋根』

長和町で工場の金属屋根等の塗装が終わりました

施工地域長野県小県郡長和町
施工場所金属折半屋根、トタン屋根、金属製の外壁
施工内容サビ等の劣化で傷んでいる屋根等を塗装で保護する
施工経緯お客様からのご依頼
使用材料屋根…アステックペイント シリコンフレックスJY(コバルト)
外壁…アステックペイント セラマックスシリコン (トゥルーホワイト)

ようやく台風も過ぎ去り、晴天になったので今まで雨で施工が遅れていた塗装工事は再スタートいたします。
施工をご依頼くださっているお客様には大変ご迷惑をおかけしていますが順次作業に入らせていただきますのでご理解・ご協力の程よろしくお願いします。
あっという間に10月も終わりいよいよ来週からは11月ですね。
早いですね。
最近は朝と日中の気温の差が激しく、乾燥しているので風邪だけでなく、火災が起こりやすい時期でもあります。
体調管理もそうですが、火の元にも十分に気を付けましょう。

屋根は露の影響を受けやすいので、塗装前の下準備も重要です

長和町屋根塗装

左:施工前   右:施工後

長和町で行っていた工場の金属屋根等の塗装が完了しました。
上記にも書きましたが、天候が影響で通常よりも長い期間施工がかかってしまい、お客様にはご迷惑をおかけしました。
この時期になると朝露や夜露の影響を受けやすくなります。
そのため、朝は塗装工事を行う前にブロアーと呼ばれる機械を使用して屋根についている水分を風で飛ばす作業をします。
結構、重労働でその作業だけで何時間もかかる事があります。
ただその作業をしないと塗装できないのでこの時期の風物詩と言えるでしょう。
夜露は大体16時くらいから落ちてくるので午後の塗装は逆算をしなければなりません。
夜露が落ちてくるギリギリまで塗装をすると塗料が塗膜になる前に水分と結合してしまい塗料の性能を最大限発揮する事ができなくなってしまいます。
そのため、寒い時期の塗装工事は暖かい時期に比べて塗装できる時間が限られてしますのです。
寒い時期の塗装は気温や天候も頭に入れながらしないと、施工不良が起こる可能性が高いです。
だからこそ経験が必要な職種といえます。