長和町で工場の外壁塗装を行っています。『屋根中塗り・外壁上塗り完了』

長和町にて工場の金属屋根塗装等の塗装工事を行っています。

施工地域長野県小県郡長和町
施工場所金属折半屋根、トタン屋根、金属製の外壁
施工内容サビ等の劣化で傷んでいる屋根等を塗装で保護する
施工経緯お客様からのご依頼
使用材料屋根…アステックペイント シリコンフレックスJY(コバルト)
外壁…アステックペイント セラマックスシリコン (トゥルーホワイト)

今週いっぱいは雨に泣かされそうですが、来週の天気予報を見てみると、長野市だけでなく近隣の市町村も晴れの日が長く続きそうなので、今まで遅れていた屋外の塗装工事がようやく進みそうです。
しかし、遅れを取り戻そうとして焦って仕事をしてしまうと、事故や施工品質の低下を招いてしまうのでこういう時だからこそ、気を引き締めて作業にあたらなければなりませんし、現場の管理も必要になってきます。また、塗装工事で足場を設置している現場では飛散防止メッシュをかけていますが、台風の様な強風の場合、風圧によって足場に負荷がかかってしまい、倒壊の恐れがありますので、飛散防止メッシュは予め撤去する必要があります。
その他にも仮設足場を設置した場合、道路に面しているようなら通行する人が足場の存在に気付くように夜間はライトを設置したり、防犯面でも対策をとってトラブルを起こさない準備をする事が施工会社がしなければならない役割の一つとなっています。
施工前には近隣の方に挨拶をすることも施工中や施工後のトラブルを起こさないためのひとつといえます。

屋根や外壁の色は建物のイメージに合った色を選択すると色選びで失敗する可能性は低くなります。

長和町外壁塗装

左:屋根中塗り後   右:外壁上塗り後

今月の初旬から行っている長和町の屋根と外壁の塗装工事ですが、天気が悪く作業が進まない中ようやく屋根の中塗りと外壁の上塗りが完了しました。
今回、選んでいただいた色になりますが、元々の屋根と外壁の色に近い形で色を選んでいただきました。
色選びは重要で周りの建物とのバランスや屋根や外壁の形状も加味して最終的に色を決めます。
トタンや折半といった金属屋根の場合は黒、グレー、茶系、青、緑系が人気です。
外壁の場合は白系やクリーム色、ベージュに人気がありますが多くのお客様は既存の色を選ぶ傾向にあるそうです。
その色で普段から建物を見ているからだと思います。
ほぼ同系色を選べはほとんど失敗しないと思いますが、完全に色替えをする際はしっかりと検討し、バランスを考えなければなりません。
色を決める際は色見本帳を使用しますが、紙ベースの為イメージがつきにくくそのまま塗装したらイメージと全く違ったという事も起こりうる問題です。
失敗しないためにはカラーシュミレーションというサービスを扱っている塗装会社さんにお願いしましょう。
カラーシュミレーションはお客様の住宅を写真撮影しそれをパソコンに落として、各塗装部分ごとにお客様が選んだ色を重ねていくサービスです。
カラーシュミレーションをするとほぼ塗り替えた後の住宅のイメージをする事ができるので、色選びにお困りの場合は是非、カラーシュミレーションを有効活用してください。
もちろん、しろくまペイントでも行っているサービスになります。