夕日を思う秋晴れに映えるオレンジ色の外壁

上田市内で塗装工事後の定期点検にお伺いしました

施工地域長野県上田市
施工日平成28年11月
施工箇所屋根、外壁、軒天、破風板、雨どい、ベランダ
使用材料屋根、外壁…日進産業 ガイナ
軒天…日本ペイント ケンエースGⅡ
雨どい、破風板…キクスイ SPパワーフッ素

昨年ホームページから問い合わせをいただき、塗装工事をご依頼くださった上田市のお客様のお宅に施工後1年の定期点検にお伺いしました。
1年があっという間だとお客様のお宅にお伺いする度に感じます。

ただ点検するだけでなく、1年経過して気になる場所を聞いたりしながら点検を行っていきます。
塗膜が剥がれていないか、外壁にひびが発生していないかといった塗装個所を中心として点検しました。
今回使用した塗料がツヤが無い塗料(イメージとしては漆喰やモルタルのような趣のある仕上げ)なのと色がキレイなオレンジ色なので、こすれ汚れがついていました。

荷物を置く際に外壁についた汚れだと思われます。

フッ素塗料で塗装した雨戸等の付帯部にもホコリ等の汚れが付着していたので、お客様には汚れの落とし方をアドバイスさせていただきました。
掃除の方法を間違えると塗膜が剥げてしまったり、キズが付く恐れがあるので掃除する際も使用する道具には気を付けなければいけません。
お客様に1年経過した感想を聞いてみると、夏場などの暑い時期は2階に行きたくもないし、いたくもなかったけど、塗装をしてからそういった事が一切なくなったといっていました。
これは、使用した日進産業のガイナという塗料の性能で遮熱や断熱に効果があるからなのです。
夏場は太陽の熱を反射するので蓄熱する温度を抑えられることから室内に入る熱も抑えられるという事です。
その結果、光熱費の削減にも効果があったようで、ガイナを塗装してよかったと言っていました。
塗料にも様々な性能を持ったものが多く販売されています。
ガイナの様に遮熱や断熱に効果のあるものから普通の塗料に比べて汚れが付きづらくなる塗料、紫外線による塗膜の劣化を抑える塗料などがあります。
お客様のお家の状態やお悩みを解決できる塗料が見つかると思います。

しろくまペイントは1年に1回の定期点検を実施しています。

オレンジ色の外壁

施工1年後の状態

しろくまペイントに限らず同業他社さんで塗装工事を依頼する場合には必ず定期点検を行ってくれる会社を選んでください。
定期点検は毎年する会社もあれば1、3、5、7年といった形でする会社もありますがとにかく定期点検をしてくれる会社がポイントです。
やったらやりっぱなしの会社だと定期点検どころか、塗装後に何か起こっても全く対応してくれない事が多いからです。
定期点検をしっかりする会社だと点検時に塗装後の不具合があったとしてもその場で対応する事ができるからです。
塗装工事を依頼する場合に選ぶポイントとしては塗装工事にかかる費用や使用する塗料、保証も大きなウエイトを占めますが定期点検をしっかりするというのも重要だという事を知っておく必要があります。