塩化カルシウムから守る、機械式駐車場の塗装

長野市内の地下駐車場で塗装工事を行っています

施工地域長野県長野市
施工場所機械式駐車場
施工内容機械式駐車場の再塗装
施工経緯お取引先からのご依頼
使用材料錆止め ジャパンカーボライン ラストボンドSG
下塗り 大日本塗料 Vグラン下塗り
上塗り 大日本塗料 VトップHBスマイル

今週初めから須坂市内で内装工事を行っています。
今週末にお引越しという事なので急ピッチで作業を行っていますが、急ピッチの時だからこそ冷静に作業をしなければいけません。
怪我や施工ミスが起こる可能性が高くなるからです。
ひとまず各工事に必要な職人を確保する事ができたので、あとはそれぞれの職人さんが仕事に支障がでない様に段取りを組みながら今週末のお引き渡しまで進めていきます。
これから内外装の工事を検討されている方は遅くても1か月前から検討しするようにしてください。
今回は近場でもありどうにか調整する事も可能でしたが、時期や施工内容によっては、お客様が施工をやってほしい時期にスケジュールが組めなくなってしまうことです。
そのため、ご希望によってはご期待に沿えない事もありますのでご理解していただければと思います。

本日から上塗り作業を行っています。

機械式駐車場①

左:錆止め塗布   右:錆止め後

機械式駐車場②

左:下塗り中   右:上塗り中

先週から長野市内で行っている機械式駐車場の塗装工事ですが、本日から上塗りを行っています。
施工場所が地下の為、地上の気温が高くても地下は低く、湿度が高いので乾燥時間は通常よりも多くかかります。
日差しが当たらないのも乾燥時間が長くなる原因でもありますが。
実際の進行具合として、錆止めから下塗りまでが終わっています。
ただ塗装した箇所の乾き具合を確認してから塗装しないと上塗りが下塗りを侵してしまうので注意が必要です。
上塗りに使用している塗料の色は既存の色に近い形で日本塗装工業会で発行している色見本帳で確認しながら選択しました。
実際使用している塗料はどれも同じだと思われがちですが、塗料はそれぞれ特徴を持っています。
塗布量も違えば、希釈率も違ったり、推奨されている道具もあったりと奥が深いのです。
そのため実際に使用する前には、その塗料のカタログに目を通してなるべく多くの情報を頭に入れます。
経験と知識両面を活かしながら日頃から塗装工事を行っています。
駐車場の施工は明日までが工期となっていますが、順調に作業が進んでいるので工期内には終わりそうです。
終わりそうだからといって安心するのではなく、最後まで気を抜かずに施工と管理をしっかりしていきます。