冬に必ず使う塩化カルシウムで鉄が錆びる。機械式駐車場の保護塗装

長野市内の地下駐車場で塗装工事が始まりました。

施工地域長野県長野市
施工場所機械式駐車場
施工内容機械式駐車場の再塗装
施工経緯お取引先からのご依頼
使用材料錆止め ジャパンカーボライン ラストボンドSG
下塗り 大日本塗料 Vグラン下塗り
上塗り 大日本塗料 VトップHBスマイル

本日から長野市内の機械式駐車場で塗装工事がが始まるのと同時に、先日ブログに書かせていただいた、松本市乗鞍のテニスコートの補修及び塗装工事も始まります。
この時期は塗装をするのにとても適しているのでどうしても施工が集中しやすくなります。
それ以外にも現在進行中で長野市内で屋根や外壁の塗装も行っています。
それぞれ塗装工事ですが、塗装する箇所も塗料も違うので、改めて塗装は奥が深いと感じます。
ただ、住宅の塗装だけでなく、色々な部分の塗装工事を行っているからこそお客様のお悩みを解決できるだけの経験がしろくまペイントにはあると思います。
駐車場の白線引きや特殊だとプールの塗装もそうなります。
こんな塗装できる?やってます?など興味がありましたら一度聞いてみてください。

塩化カルシウムから鉄部を守るために、サビは腐食を生み穴が開くことも

機械式駐車場

左:ケレン作業   右:高圧洗浄作業

お取引先からのご依頼で、長野市内にある立体駐車場の塗装が始まりました。
駐車場と聞くとコンクリートやアスファルトを思い浮かべることでしょう。
マンションやホテルでは機械式駐車場というものがあってコンピューター制御になっているものもあります。
その機械式駐車場ですが、車の駐車面が鉄になっています。
毎日タイヤによる摩耗を受けやすいので劣化しやすく、塗膜が剥がれたところに水分が付着しサビが発生します。
それだけでなく、冬期には欠かせない塩化カルシウムも鉄に対して大きな影響を与えます。
ひどいと腐食して穴が開くことだってあります。
そのため、塩化カルシウムからの保護等をするために塗装工事を行います。
最初の工程はケレンと高圧洗浄です。
電動工具を使用して全体的にケレンをします。
凹凸があるのでケレン忘れに注意です。
その後高圧洗浄をして汚れや脆弱な塗膜を落としていきます。
下地処理を怠ると将来的に剥がれやすい、塗料が密着しにくいといった問題が生じます。
長く期間塗装箇所の保護する為には下地処理が重要という事です。
ケレンをするときは電動工具を使用した時に、塗膜片が飛んで目に入ってしまうリスクがあるので、目を守る意味でもプラスティック製の眼鏡をかけるといった安全対策をとっています。
明日以降に塗装工事をしていきますが、使用する材料が全て溶剤タイプなのでニオイの問題もしっかりと打ち合わせをしなければならない問題の一つです。
塗装工事に使う塗料は大きく分けると、水性と油性にわけられます。
鉄部には油性塗料の方が密着しやすいメリットがあります。