中野市内で駐車場塗装を行いました『駐車番号・ライン塗装』

中野市内で駐車場の塗装を行いました。

施工地域長野県中野市
施工場所民間駐車場
施工内容駐車場のライン引き、駐車番号の描き直し
施工経緯ホームページより問い合わせをいただきました
使用材料アトミクス ハードラインC-500(白・黄)

今週末から天気が悪いそうです。
しろくまペイントも現在、長野市や長和町などで塗装工事を行っています。
屋外での作業なので天候が悪いと、その日は施工を休まなければなりません。
朝、雨が降っていなくても数時間後に降る可能性がある場合も施工をしないことが多いです。
塗装の場合、塗料が乾燥するまでに数時間かかります。
塗膜になっていない状態で雨が降ると塗料と水分が反応します。
そのまま塗膜になると水玉模様みたいな仕上がりになるだけでなく、将来的に塗膜の剥離や塗膜のひび割れといった施工不良を起こす可能性が高くなります。
高い品質で塗装工事を提供するには、常に天気を気にしながら行うのと、途中でもストップできる判断力も必要になります。
その点がしっかりできる高い能力をもった職人と現場を管理する塗装会社は優良といえるのではないでしょうか。
逆に完全に下請けに丸投げをして管理が不十分だったり、経験の浅い職人が塗装をした場合は後々トラブルが起こる可能性がありますので注意しなければなりません。
昔は職人さんのいう事を聞いてさえすれば問題ないといった風潮でしたが、今はお客さんも高いお金を支払って行う塗装工事なので、一緒になって塗装工事を行うという気持ちで臨んだ方が失敗はしないでしょう。

駐車場の規模によっては1日で塗装が終わる事もあります。

中野市駐車場塗装

左:施工前   右:施工後

ホームページから問い合わせをいただき、施工をご依頼いただいた中野市のお客様が所有している駐車場のライン引き、駐車番号の描き直しが終わりました。
普段から9割以上の方が使用している関係もあって3つのブロックに分けて施工を行いました。
お客様のご協力もあり無事に施工を終える事ができました。
屋外作業はどうしても天候に左右されやすいので難しい場合もありますが、余裕を持った工程を組む事で解消する事ができます。
店舗の場合、定休日に行えば、来客するお客様の迷惑になることなく、施工を終える事ができます。
また、店休日が無い、常に駐車場を使用している場合には、今回の様に工程をしっかり組んで行う事が必要なので、一度ご相談ください。
駐車場のラインがキレイに描いてあることで、利用者の方にとっては今まではラインが見えずらくて停めずらかったのもかなり解消されるのではないでしょうか。
これからの時期は日が落ちるのが早く、17時過ぎには暗くなるのでラインが見えずらいといった問題も以前よりかは見えやすくなったと思います。
利用する方の目線に立って、駐車場の維持管理を定期的に行っていく必要があります。

施工写真

中野市駐車場塗装

左:清掃   右:養生後

中野市駐車場塗装

左:ナンバー塗装1回目   右:ナンバー塗装2回目

中野市駐車場塗装

左:ライン塗装1回目   右:ライン塗装2回目

中野市駐車場塗装

使用塗料