自分でクロスを塗装するには(DIY)

壁紙張り替えのようす

自分でクロスを塗装するには(DIY)

今回はお客さま自身でクロス(壁紙)を塗り替えたいとお思いの方に、一般的なクロス(壁紙)の塗り替えについて説明したいと思います。

今回はお客さま自身でクロス(壁紙)を塗り替えたいとお考えの方に、一般的なクロス(壁紙)の塗り替えについて説明したいと思います。

■ 壁紙クロスの再生は貼替だけではありません!

しろくまペイントではクロス(壁紙)の塗り替えも得意としています。
一般的なクロス(壁紙)用塗装から、機能性塗料を使った塗装、クロス(壁紙)を再生するクロスメイクを取り扱っています。

クロス(壁紙)の塗装も最近はご依頼が多くなってきています。

そこで、今回はお客さま自身でクロス(壁紙)を塗り替えたいとお考えの方に、一般的なクロス(壁紙)の塗り替えについて説明したいと思います。
内装用のクロス(壁紙)には、主に[塩化ビニルクロス]「布製クロス」「紙クロス」などがあるが、塩化ビニルクロスが大半を占めています。

塗装できない壁紙もある

中には塗装できない壁紙もあるので注意が必要です 塩化ビニルクロスである場合、汚染防止クロスであるかないかを確認する必要があります

中には塗装できない壁紙もあるので注意が必要です 塩化ビニルクロスである場合、汚染防止クロスであるかないかを確認する必要があります

■ どんな壁紙が塗装できないのか知ろう

中には塗装できない壁紙もあるので注意が必要です
塩化ビニルクロスである場合、汚染防止クロスであるかないかを確認する必要があります。

汚染防止クロスは、シリコン加工され、水をはじくため塗装できません。
この確認をした後、全面の汚れを拭いて落とす作業をおこないます。

ベタつく汚れはペイント薄め液などを使用してサッと拭き取ります。
時間を長く使いこの工程を行うと、壁紙が傷んでしまうので注意してくっださい。
次に、めくれや浮き上がりを直し、塗料が付着するとまずい部分を、マスキングテープやロールマスカー、ビニールシートなどで保護します。
いわゆる「養生」です。
そして、クロス(壁紙)の上にシーラーを塗っていきます。

タバコのヤニなやシミがある場合は、水系の「ヤニ止めシーラー」や「シミ止めシーラー」を塗りますが、それほどでもない場合は「水系の透明シーラー」を塗ります。

使用する道具はローラーがおすすめです。

ローラは広い場所を塗るのに適しています。細かい場所を塗るのには筋交いバケや目地バケが適しています。刷毛を使い分け乾かないうちに全体を塗っていきましょう

ローラは広い場所を塗るのに適しています。細かい場所を塗るのには筋交いバケや目地バケが適しています。刷毛を使い分け乾かないうちに全体を塗っていきましょう

■ 使用する道具と注意点を知ろう

細かい部分は細いハケやコテハケと言われるものを使用しましょう。
乾いたらエマルション系の塗料を塗っていきます。

塗装方法は、シーラーと同じ方法で2度塗ります。
つまり、最初は塗料を広げる感じで塗り、その後、ローラーをタテ方向に揃えてローラーのムラを消していきます。
上塗り塗料は、油系より水系の塗料の方がよいとされます。

 

現在は油系・水系ともホルムアルデヒドを含まないシックハウス対策の塗料となっています。
油系の場合は、弱溶剤を使用していることで化学過敏症の人に影響を及ぼす可能性があるとされます。
メーカーによっては、艶消しタイプの合成樹脂エマルションペイント(EP)を薦める場合があります。

艶有りタイプの塗料(EP-G=つや有合成樹脂エマルションベイント等)は粘着感が出やすいため、塗装は避けたほうがよいとの指摘されているためです。

ここでクロス(壁紙)を塗装していく場合、どこを先に塗っていくほうが良いのか?もし天井も塗装する場合は、壁よりも先に仕上げておくことをおススメします。
ただ、張替と違い、塗装の場合は、塗膜が乾燥するまで次の工程に取り掛かれません。

ちなみに、室内の壁紙の95%を占めるのが塩化ビニルクロス(塩ビクロス)で、これは、難燃加工された紙に塩ビを塗布し、熱をかけて発泡させて色つけしたものです。
可塑剤の可塑とは、「柔らかく形を変えやすい」という意味で、柔軟性や対獣性を改良する添加薬品類を総称したものです。

シーリングなどもこれにあたります
塩化ビニールは元々は硬いものですが、成形加工をよくし柔軟性をもたせるために可塑剤が25~50%含まれています。

クロスに塗装をお考えの方は、ここを抑えておきましょう。

採用する塗料によっては、住宅環境を向上させることができます。

採用する塗料によっては、住宅環境を向上させることができます。

☑ 塗料によっては断熱などの機能を持たせることができる。内断熱として、冷暖房の熱の出入りを防いでくれます。
☑ 場合によっては張替の方が安く済みます。
☑ 塗料ではなく染料でリメイクできる技術がある。この染料の特徴は工期短縮・低価格が実現できます。

壁紙を塗る手順

■ 塗装の手順を知ろう

(塩化ビニールクロスの場合)

クロスを確認

クロスの種類を確認、汚染防止クロスであるか否か確認します

クロスの種類を確認、汚染防止クロスであるか否か確認します

クロスの種類を確認、汚染防止クロスであるか否か確認します

汚れへの対処

全面の汚れを拭いて落としましょう

全面の汚れを拭いて落としましょう

全面の汚れを拭いて落としましょう
(ベタつく汚れはペイント薄め液などを使用)

塗装する場所以外に塗料をつかないようにする

養生をしましょう

汚れや塗料が付いてしまっては困るところはしっかりと養生をしましょう

養生をしましょう
(塗料がついてる困る部分を、マスキングテープやロールマスカー、ビニールシートなどで保護

クロスと密着を高める作業を行います

クロス(壁紙)の上にシーラーを塗ります

クロス(壁紙)の上にシーラーを塗ります

クロス(壁紙)の上にシーラーを塗ります
・タバコ(壁紙)のヤニなやシミがある場合は、水系の「ヤニ止めシーラー」や「シミ止めシーラー」
・それほどでなければ、「水系の透明シーラー」で十分

仕上げ塗装を行います

塗料が乾いたら仕上げを行っていきます。クロスの状況に応じて仕上げ塗り2回行った方がきれいに仕上がります。

塗料が乾いたら仕上げを行っていきます。クロスの状況に応じて仕上げ塗り2回行った方がきれいに仕上がります。

乾いたらエマルション系の塗料を塗っていきます
(最初は塗料を広げる感じで憧り、その後、ローラーをタテ方向に揃えてローラームラを消す)

室内への塗装は水性が匂いも出なく使いやすいです

塗料は、油系より水系の塗料の方が扱いやすいです

匂いなどの問題もあるため、塗料は、油系より水系の塗料の方が扱いやすいです

匂いなどの問題もあるため、塗料は、油系より水系の塗料の方が扱いやすいです
(艶消しタイプの合成樹脂エマルションペイント(EP)を薦める場合も)

屋根を塗る場合には先行して仕上げます

天井も塗装する場合は、壁よりも先に仕上げておきましょう

天井も塗装する場合は、壁よりも先に仕上げておきましょう

天井も塗装する場合は、壁よりも先に仕上げておきましょう

しっかりと乾いてから次の工程に移りましょう

塗装の場合は、塗膜が乾燥するまで次の工程に取り掛かれないので注意しましょう

塗装の場合は、塗膜が乾燥するまで次の工程に取り掛かれないので注意しましょう

塗装の場合は、塗膜が乾燥するまで次の工程に取り掛かれないので注意しましょう

その他のクロス(壁紙)についての記事

壁紙クロスに傷・汚れが!その補修・直し方のコツとは

壁紙クロスに傷・汚れが!その補修・直し方のコツとは
壁紙クロスに傷・汚れが!その補修・直し方のコツとは壁紙の寿命は10年位と言われています。一般住宅だけでなく多くの建物で使用されている壁紙クロス。多くの家庭で...

 

壁紙をおしゃれに彩る方法

壁紙をおしゃれに彩る方法
壁紙をおしゃれに彩る方法こんにちはしろくまペイントです。今このホームページをご覧になっている方は、壁紙をおしゃれにしたい方ではありませんか?そこで本日は壁紙...

 

壁紙の上からもできる柿渋健康塗り壁「パーシモンウォールシリーズ」

壁紙の上からもできる柿渋健康塗り壁「パーシモンウォールシリーズ」
新築・リノベーション・リフォーム革命。ビニールクロス・壁紙の上から直塗り壁施工。24 hour individual ventilation system24時間キレイな空気と暮らす家。柿渋タンニ...

 

自分でクロスを塗り替えるのはお得!?

クロス塗り替えについて
クロスの塗り替えは自分でできるのか?こんにちはしろくまペイントです。本日はクロスの塗り替えについて書いていきたいと思います。クロスの張り替えや、塗装って自分...

 

染料でクロスをきれいにする!クロスメイク施工事例

クロスリメイク施工について
施工前クロスメイクとは?汚れた壁紙を張り替えることなく上からオリジナルの染色剤を塗布するものです。壁紙の凹凸模様は残し、汚れは真っ白に新品同様に仕上げること...

 

関連記事

  1. ホームセンターで買ってきた砂利やセメントでコンクリートを作る際の注意点・その1

  2. ベランダの光の反射が気になる!!自分でできる対策、方法とは

  3. 上手に作る収納コーナーの作り方って?

  4. 内装のスタイル毎の色選びとは!?

  5. おしゃれな部屋の作り方―ナチュラル系・北欧系―

    おしゃれな部屋の作り方―ナチュラル系・北欧系―

  6. DIYで、より理想の空間へ―DIYで出来ないこと―

    DIYで、より理想の空間へ―DIYで出来ないこと―