長野県長野市|しろくまペイントの施工事例をご紹介します。

tel.0120-460-461

無料外壁・屋根診断

タップをして電話をかける

メニューを開く

CASE

施工事例

CASE

2018/03/15

外壁塗装

長野県長野市
外壁のデザインを残す塗装方法

Before

外壁のデザインを残す塗装方法 Before 写真

After

外壁のデザインを残す塗装方法 After 写真

長野市内で外壁塗装の現調にお伺いしました

現調地域 長野県長野市
現調場所 一般戸建て住宅
現調内容 外壁、軒天、破風板、雨どい、水切り等
現調経緯 ホームページから問い合わせをいただきました

あっという間に冬が過ぎ、
今週は気温が高く長野県でも春の陽気を感じる様になりました。
長野市内や須坂市内でも冬の間道路工事が行われていて渋滞になっていた場所も
ようやくキレイな道路に生まれ変わり、
渋滞が解消されたのは通勤に車を使う人には喜ばしい限りではないでしょうか?
ただ、日によっては寒暖差があったり天気が悪い日が続くので
傘を忘れない事や服装に気を付けないと風邪を引いてしまうので注意が必要ですね。
春といえばようやく、外壁塗装のシーズンとなりました。
長野市内のお客様をはじめ、須坂市や千曲市のお客様からもお問い合わせをいただいております。
ありがとうございます。
また、外壁塗装シーズンを迎えると訪問販売や電話営業が多くなるシーズンでもあります。
県外の会社からも訪問があるかもしれません。
必ず断る様にしてください。

販売、悪徳業者から身を守る方法とは 詳しくはこちら


リフォーム悪質業者が使う代表的な手口とは!? 詳しくはこちら


訪問販売には最低限のルールがあります 詳しくはこちら


外壁塗装のモニター価格は営業トーク!? 詳しくはこちら

外壁のデザインを活かした塗装と建物を長期間保護するための秘訣

外壁のデザインを残す塗装方法 左:外壁のひび割れ   右:雨だれ

ホームページから問い合わせをいただいた長野市お客様のお宅へ外壁塗装の現調にお伺いしました。
築15年の洋風住宅で随所にオシャレだと感じられるポイントが多々ありました。
お問い合わせをくださったお客様は今回が初めての塗装工事を検討されているという事で、
建物の状態を確認するのも重要ですが、
お客様がどのようにして建物を塗装し保護したいのかを聞きながら現調を進めていきます。
既存の外壁はアイカ工業のジョリパット
という塗料を使用していました。

ジョリパットは他の塗料と違い意匠性に優れており、
豊富なデザインやカラーバリエーションに対応できるので、オシャレな外壁を生み出すことができます。
しかも艶無しなので落ち着いた雰囲気に仕上がるのも特徴です。
お客様のお宅も外壁にパターンが付けてあり、デザインに優れている印象です。
そのデザインを活かした塗装をご希望でした。
既存のデザインを活かす方法もあれば、
新しくデザインを作り上げる事も塗装方法や塗料の種類によっては可能となります。
塗装によって美観やデザインを活かす事はできますが、
建物の長期間保護する方法も考えなければなりません。 建物を長期間保護する為には使用する塗料も関係してきますが、
下地の状態を確認してそれにあった補修や対策を取らなければ、
どんなに性能が高くて高耐候性の塗料を使用したとしても建物を長期間保護する事はできないでしょう。
そのため、現調時には細かい部分も含めて点検させていただき、
建物の状態に合った補修や対策の提案をさせていただきます。
実際に現調をさせていただき、外壁のヒビや汚れを確認する事ができました。
ヒビは地震によるもので入ってしまったそうです。
汚れは塗膜性能の低下が原因で目立つようになっていました。
ヒビは放置すると雨漏りの原因につながり躯体にまで影響を及ぼすことがあるので確実に直さなければなりません。
汚れは塗料の性能で解決できる問題なので、一番はヒビ割れの対策になることでしょう。
外壁塗装を検討している長野市や須坂市、
千曲市のお客様は建物の診断と状態に合った補修方法や塗料の提案をしてくれる会社、
それ以外では安全対策として施工時には必ず足場を設置する会社を選びましょう。
これからの時期、塗装工事の問い合わせがさらに増えると予想されます。
今年中に塗装を考えているお客様は今からでも見積を依頼したほうがいいです。
塗装工事に限らず、お家のお困りごとがありましたらしろくまペイントまでお問い合わせください。
土・日・祝日も営業していますのでご安心ください。

ページの先頭へ戻る

0120-460-461

無料外壁 屋根診断