|しろくまペイントの施工事例をご紹介します。

tel.0120-460-461

無料外壁・屋根診断

タップをして電話をかける

メニューを開く

CASE

施工事例

CASE

2016/05/20

その他の塗装

長野市芸術館の段鼻塗装『長野市鶴賀芸術館内装塗装工事』

長野市鶴賀芸術館内装塗装工事

施工地域 長野県長野市
施工場所 公共施設『長野市役所』』
施工内容 昇降階段、段鼻部塗装
目的 階段の段鼻に塗装をして見やすくする
施工経緯 お客様からのご依頼
使用材料 ガイナ塗料・フッ素塗料

階段やフローリングが滑りやすくなったり痛んだ箇所はありませんか? しろくまペイントで滑りやすくなってしまった木の階段やフローリングに対し、再塗装工事を行っています。 既存塗膜や既存ワックスを取り除き塗装を行うことで、滑りやすかった床にグリップが戻ります。 本工事は、階段を見やすくする工事です。 同じようなお悩みがありましたら、まずはご相談ください。

詳しい内容

5月10日~20日までの間、長野市芸術館リサイタルホールとメインホールにて段鼻の塗装をおこないました。 ところで段鼻という言葉をご存知ですか? あまり聞きなれない言葉だと思いますが、このような場所が段鼻になります。 段鼻とは階段の踏み板の先端部分の事をいい、タイルや石であれば溝や凸状のものが入っていたり、コンクリート等ですとステンレスの金具が付いていたりします。 いずれも滑り止めを目的とするものです。 今回はそんな段鼻の塗装工事を行いました。写真を見ていただければわかるように段鼻とその他階段の部分が同色になっています。同色ですと段鼻を認識することが難しい場合もあり階段を踏み外したり、転倒の可能性をはらんでいます。 室内が常に明るければ問題も起こりづらいですが、何かのイベントで暗かったり、避難しなければならない状況になった際には階段を視認することが難しいと思います。 ただ塗装をするだけでなく、現在では蓄光塗料というものもあります。蓄光塗料は太陽光や蛍光灯などの光エネルギーを吸収して、暗闇で徐々に光を放出する塗料になります。そのため真っ暗な時は一定時間(約6時間)光っている状態になります。 今回は蓄光塗料ではなく、塗装をした後に両サイドだけ、蓄光テープを貼りました。 この鼻段を塗装・テープを貼るだけで階段が見やすくなりますし、上記のような事故が起こる可能性も少なくなるのではないでしょうか。 長野市芸術館段鼻施工前長野市芸術館段鼻施工後 長野市芸術館蓄光テープ施工後

しろくまペイントのフローリングリフォーム及び内装工事について

しろくまペイントのさまざまな塗装事例

 しろくまペイントの木部塗り替え事例

 滑る床から滑らない床へ 

塗装工事も内装工事もお任せください!

長野市はじめ、信州新町、中条、小川、白馬村、小谷村、麻績村、坂城町、千曲市、須坂市、飯綱町、信濃町、中野市、山ノ内町、木島平村、飯山市、野沢温泉村の塗装工事や内装リフォームお任せください。

ページの先頭へ戻る

0120-460-461

無料外壁 屋根診断