長野県長野市石渡|しろくまペイントの施工事例をご紹介します。

tel.0120-460-461

無料外壁・屋根診断

タップをして電話をかける

メニューを開く

CASE

施工事例

CASE

2021/01/30

外壁塗装

屋根塗り替え

長野県長野市石渡
長野市石渡で金属屋根とモルタル外壁の塗装を行いました

Before

長野市石渡で金属屋根とモルタル外壁の塗装を行いました Before 写真

After

長野市石渡で金属屋根とモルタル外壁の塗装を行いました After 写真

長野市石渡で金属屋根とモルタル外壁の塗装を行いました。

施工地域 長野市石渡
施工場所 戸建て住宅
施工内容 金属屋根、モルタル外壁等の塗装
施工経緯 お取引先様からのご紹介
使用材料 屋根…アステックペイン/ト スーパーシャネツサーモフッ素
外壁…アステックペイント シリコンREVO1000

お取引先からご紹介いただき、長野市石渡で屋根と外壁等の塗装工事を行いました。
使われている屋根材は金属、外壁材はモルタルになります。
屋根の状態は部分的な塗膜の剥離とサビの発生がありました。
外壁の方は塗膜の劣化が出てきたときに起こるチョーキングと呼ばれる塗膜が粉化する症状とひび割れが確認できました。

外壁のヒビ割れにも種類があって、ヘアクラックと構造クラックがあります。
ヘアクラックは主にモルタルやコンクリートといった水を使った工法で起こりやすく、乾燥する過程で水分が収縮するときに起こります。
また、表面の塗膜が劣化してモルタル下地等の収縮に耐えられなくなって起こる場合もあります。
ヘアクラックの場合は、髪の毛位の細さのひび割れなので塗装で改善できますが構造クラックの場合はヒビの深さと幅共にヘアクラックよりも広く・深いので塗装での改善が難しくなります。
構造クラックの場合はヘアクラックの処理と違った処理をしなければなりません。
今回の現場は幸いなことにヘアクラックでしたので塗装にて改善しました。
ただ、普通に塗装をするだけではひび割れ箇所に十分な塗膜をつけることが出来ないので下塗りの段階で定められた塗布量の最大値での下塗り材で塗りました。
使用した下塗り材はアステックペイントのエピテックフィラーAEです。
下塗り材の塗布量ですが、使う道具によって塗布量が定められています。
①多孔質ローラー…0.8~1.0㎏/㎡ 1回塗り
②ジュラクガン…0.6~1.0㎏/㎡ 1回塗り
③ウールローラー…0.3~0.5㎏ 1回塗り
使われるケースが一番多いのが③ですが、塗布量が少ないので今回の様に厚膜で塗膜を作るには適していません。
そのため今回は①の多孔質ローラーにて下塗りをしました。
③よりも2倍以上の塗布量になるのでもちろん塗料多く使いますが、厚膜を作るうえでは一番適した施工方法です。
下塗りの確実性で仕上がりもそうですが、建物を長く保護できるかも変わります。
規定量以下や決められた希釈率以上で塗装すると下塗りの効果は低下します。
そこに仕上げの塗装をしても数年で剥がれることでしょう。
逆に中塗りや上塗りで手抜きをすると耐候年数より早い段階で色褪せやチョーキングが起こりやすいです。

今回、屋根がフッ素で外壁がシリコンと使われている塗料のグレードが違います。
理想はそれぞれが同じグレードの方が次回の塗り替えの際に同時期に塗装ができますが、予算の関係などで変わるケースも多いです。
その時は屋根のグレードを上げるようにしてください。
屋根の方が外壁に比べて紫外線や雨水の当たる量が多いので、その分劣化するスピードも外壁より早くなります。
だからこそ屋根の方が建物を保護するうえでは重要です。
屋根・外壁以外にも雨樋や破風板・水切りも塗装しますが、屋根や外壁のグレードが高いのに付帯部と呼ばれる箇所だけグレードの低い塗料が使われているケースもあります。
確かに費用の面で多くはなりますが、屋根や外壁と同じように長期間保護する目的であれば同じグレードかそれより上のグレードで塗装すべきだと思います。
出てきた見積の金額のみで決める事もいいですが、施工内容や塗料も精査してトータルの判断で決めるのが望ましいですね。

左:屋根施工前   右:屋根施工後

ページの先頭へ戻る

0120-460-461

無料外壁 屋根診断