長野県長野市三輪|しろくまペイントの施工事例をご紹介します。

tel.0120-460-461

無料外壁・屋根診断

タップをして電話をかける

メニューを開く

CASE

施工事例

CASE

2018/07/13

外壁塗装

長野県長野市三輪
長野市三輪で仮設足場の設置を行いました

Before

長野市三輪で仮設足場の設置を行いました Before 写真

After

長野市三輪で仮設足場の設置を行いました After 写真

長野市三輪の4階建てマンションで外壁塗装工事が始まります。

施工地域 長野県長野市三輪
施工場所 折半屋根、外壁、雨どい、鉄骨階段、ベランダ
施工内容 建物の保護、美観の回復
施工経緯 お取引先からのご紹介

最近アパートの塗装をよく見かけます。
戸建て住宅と違い、賃貸用のアパートでは入居率で建物自体の修繕にかける費用が変わってきます。
優先順位としては室内の修繕が一番高く、外壁や屋根にかかる修繕は一番低いと感じています。
多くの場合第一印象は外観で決める事が多く、
汚いアパートとキレイなアパートならキレイな方を選ぶでしょう。
中にはそういった事を気にしない方もいると思いますが、入居率をあげる為には外観も重要です。
美観が回復するだけでも全く違います。
特に新築アパートが多く建設されている中で入居者を確保するにはとても大変な事でしょう。
入居率をあげるために家賃を下げるのは簡単ですが、
下げたらその分修繕費に回らなくなるスパイラルに陥る可能性が高くなります。
それだけ賃貸アパートの数は飽和状態になっていると思います。
アパートなどの場合は緊急のメンテナンスもあるかと思いますが、
先を見据えた修繕計画もこれから先考えなければなりません。

大きな建物以外でも塗装工事をする場合は仮設足場の設置が必要です。

仮設足場設置① 左:仮設足場設置前   右:仮設足場設置中仮設足場設置② 仮設足場設置中

長野市三輪で外壁塗装を行うための仮設足場の設置を行いました。
建物は4階建てで大きな建物の部類に入ります。 建物の高さも10m以上はあるので、
塗装する上で仮設足場の設置を必ず行わなければなりません。
実際、仮設足場以外にはゴンドラを設置して塗装工事を行う方法もあります。
仮設足場に関しては何度もブログに掲載していますが、
安全面と施工の効率を上げるためのウエイトが物凄く大きいです。
未だに塗装業者の中には仮設足場を設置しないまま屋根などの塗装を行っている業者もありますが、
もし、落下したらどうするのだろうと常々思っています。
それとも絶対に落下しないと思っているのかはわかりませんが、
重大事故が起こったら誰が責任を取るのでしょうか。
お客様に責任を追及できる訳ありませんよね。
逆にお客様のお宅で事故が起きたらどれだけ迷惑がかかるのかを理解しなければいけません。
事故が起こった住宅でずっと住みたいと思いますか?
絶対に住みたいと思う人はいないと思います。
結果的には塗装業者の責任となる訳です。
安全管理が出来ていないからこその問題です。
それとも金額を抑えて塗装工事を請けてしまったために
足場の費用を削るしか方法がなかったというのも考えられます。
その場合はお客様に仮設足場の重要性を理解してもらうように説明をしなければなりません。
塗装業界も安く安くの風潮がありますが、絶対に削ってはいけないのが仮設足場です。
そこを削って安く塗装工事をするのであれば、
事故が起こるであろう可能性も全て理解したうえで依頼・請け負うぐらいの責任を負う必要があるのではないでしょうか。
それだけに塗装工事における仮設足場の設置はものすごく重要な役割を果たしているのです。
どんなにソフト面が優秀でもハード面がそうでなければ高い品質の商品を生み出す事はできません。
どちらも優秀だからこそ高い品質の商品が生まれるものだと思います。
ソフト面とハード面のバランスが崩れないような提案を塗装会社はしなければいけません。

ページの先頭へ戻る

0120-460-461

無料外壁 屋根診断