長野県長野市篠ノ井|しろくまペイントの施工事例をご紹介します。

tel.0120-460-461

無料外壁・屋根診断

タップをして電話をかける

メニューを開く

CASE

施工事例

CASE

2021/02/08

外装リフォーム

長野県長野市篠ノ井
長野市篠ノ井で波板の交換を行いました

Before

長野市篠ノ井で波板の交換を行いました Before 写真

After

長野市篠ノ井で波板の交換を行いました After 写真

長野市篠ノ井で波板の交換を行いました。

施工地域 長野市篠ノ井
施工場所 戸建て住宅の庭
施工内容 テラスの波板の交換
施工経緯 OBのお客様からのご依頼

長野市篠ノ井で庭にあるテラスの波板交換を行いました。
波板とは倉庫や物置、テラスの屋根などに使用される波状の板の事をいいます。
種類も金属製に限らず塩化ビニールやポリカーボネートといった素材もあったりと、使う場所によって使い分けられています。
最近販売しているテラスやカーポートといった場所の屋根には平板のポリカーボネートが使われている割合が多くなっています。

波板のメリット
①価格が安い
②作業性が良い(加工がしやすい)
メリットとしては材料自体の価格が安く、作業性に優れているので破損してしまった場合でも、すぐ交換ができるところです。

波板のデメリット
①紫外線や風雨で劣化しやすい
デメリットとしては紫外線や風雨に弱いので、長期間使っているものは劣化が進行していきます。
強風や雪の重みで破損する事もあります。

今回の施工も波板の劣化からきたため交換しました。
波板自体が見た目大丈夫だとしても波板を固定している留め具が劣化してしまうと強風で飛んでしまう事もあるので、波板を交換する時には留め具も一緒に交換するようにしてください。
例えば、台風や雪・雹といった天災で波板が破損してしまうケースがあります。
すぐに修理をするのが一番大事ですが、加入している火災保険で修繕できる場合があります。
ただ、全て保険で修繕できるかというと難しく経年劣化の場合だと保険で修繕できないので注意が必要です。
特にカーポートに波板が使われていると波板が劣化している状態で天災が起こると、車にまで被害を及ぼす可能性があります。
カーポートやテラスの屋根が波板で一度も交換していないのであればこの機会に交換する事を検討してみてください。

ページの先頭へ戻る

0120-460-461

無料外壁 屋根診断