|しろくまペイントの施工事例をご紹介します。

tel.0120-460-461

無料外壁・屋根診断

タップをして電話をかける

メニューを開く

CASE

施工事例

CASE

2015/10/12

雨どい修理・修繕工事

長野市にて雨どい調査『長野市住宅雨どい修繕保険申請・対応事例』

雨どいに劣化や損傷は見受けられませんか?雨どい調査事例

現調地域 長野市安茂里
現調場所 戸建て住宅『とよ雨どい』
現調内容 雨どいの損傷
目的 塗装にて美観回復と、断熱性能を高める
現調経緯 長野市安茂里にて内装リフォームを行っていました。その際雨どいの劣化が見受けられ施工となりました
使用材料 雨どい他

工事の合間に、住宅の状況を確認を雨どいの劣化を発見、保険の申請を行い受理されました。 今回のように、気づかないうちに屋根や外壁、付帯部が損傷してしまっているケースがあります。 定期的に、住宅のようすを見ていただき損傷や劣化がないか確認してみましょう。 損傷がひどくなると修繕費用が高くなってしまう恐れがあります。 住宅に損傷や気になる場所があるようでしたら業者に一度見てもらうことをおススメします。

詳しい内容

長野市雨どい修繕2

現在、長野市にてフローリング張替工事の依頼いただいているお客様からご相談を受けました。 普段、気にしない場所ですが弊社が現場工事を行っている合間にお家の状態を確認、損傷しているこに気づきました 歪みや、曲がりなどの様子から、何らかの自然災害的なものじゃなければ考えられない状態でした。 お客さまに聞くと、どうやら2年前の大雪ではないかとのことでした。 保険で対応ができるかもしれないのでお客さまにアドバイスをさせていただきました。 保険の申請し、どうやらOKがでたとのことでした、今週、工事に入ります。 お客様の自己負担はありません。 とても喜んでいただけました。 またお客様からご依頼のフローリング工事においても県産材利用の補助金を申請しています。 こちらの提案も予算の中で、部屋全体がリフォームできるので、大変喜んでいただいてます。

修繕工事に火災保険が適応される場合があります。

自然災害による損傷とはどんなことなのでしょうか!? 分かりずらいかもしれません。実際の被害例をご紹介します

合わせて雨どいの修理や素材、価格などについての記事をご覧ください

雨どいの劣化に対する注意点

自然災害による保険対応について

雨どいに関する記事

IMG_1203IMG_1199

保険申請のお手伝いします。

長野市はじめ、信州新町、中条、小川、白馬村、小谷村、麻績村、坂城町、千曲市、須坂市、飯綱町、信濃町、小布施町、中野市、山ノ内町、木島平村、飯山市、野沢温泉村の保険で雨どい修繕お任せください。

長野県は降雪地域です。冬が終わり雪が降らなくなった位に1度点検することをおススメします。

長野県の場合は降雪地域です。 そのため雪による被害が度々見受けられます。 大雪の年は、雪がなくなった春くらいに1度点検することをおススメします。 冬季には建材が凍結や積雪により損傷を招く場合が少なくありません。 また損傷を放置してしまうとトラブルにつながってしまう可能性があります。 雨どいが損傷して通常の排出ができなくなると、雨水が外壁などに流れ出すことになるからです。 しろくまペイントでは、実際に雪害による被害から雨どいの修繕依頼などをお受けします。

ページの先頭へ戻る

0120-460-461

無料外壁 屋根診断