フローリングを自分で(DIY)補修するキット⁉プロもアマも使える厳選補修キット10

フローリング補修

フローリングのキズやへこみ気になりませんか⁉

シロクマくん

みなさん、こんにちはしろくまペイントです。
ところで、我が家のフローリングで気になるキズやへこみはありませんか⁉
こういったキズ、市販の補修キットで充分対応できるものがあるんです。
ただ、その補修キッド使い勝手は、それぞれ違います。
本日は、そういったことも踏まえ、フローリングの補修キットをご紹介します。
それでは、ツカさんお願いします。

tukasa

何回か内装材のDIYについては、書かせていただいていますが、あまり補修材の紹介はしていませんでした。
そこで、ここまでなら、一般の方でも使えるなぁっていう補修キッドを厳選しました。
ただ、補修キッドによっては、キズの上に良く乗らないものもあります。
理由としては、フローリング表面の性能が昔より高くなってるからです。
そういったことも含めてフローリング補修キッドについて書いていきます。

お住まいのフローリングにキズやへこみといったお困りごとはありませんか⁉
折角キレイにしている我が家なのにフローリングのキズやへこみが目立つとなれば気分的に嫌ですよねぇ~

フローリングキズ

でも、キズやへこみをどうやって直したら良いのか分からない、そんな方も多いと思います。

フローリングは日常的に接するとこなので、思いもよらずキズやへこみをつけてしまうことがあります。
食器を落としてキズをつけてしまった、子供が砂を持ち込んでいて擦りキズが入ってしまったなんてことが良くあります。

食器棚

また、不思議なことですが、知らず知らずのうちにキズが付いてるなんてこともあるんです。

実はこういったキズ、業者に頼まず自分で補修することが可能なんです。

フローリングをDIYで直せる補修キッドとは⁉

フローリング+DIYキットとネットで調べれば多くの補修キットを見つけることができます。

擦りキズ程度なら2,000円前後で、へこみなら2,500円~、補修キッドを購入することができます。
業者に補修を依頼した場合には15,000円以上、張り替えを依頼した場合には30,000円以上掛かりますが、自分で挑戦すれば上記のキットの価格で済みます。

フローリング補修

また、フローリングの補修キッド、今ではネットだけでなくホームセンターなどで購入することが可能です。
平均して2~3種類の補修キットが、大型店ならばもっと多くの補修キットが販売されています。

ホームセンター

この補修キッド、フローリングと同じような素材で加工されている家具や扉などにも応用が可能なものもあります。

それでは、どのようなフローリング補修キッドがあり、どのようなキズに向いているのかご紹介します。
キズに合わせた補修材を選びましょう。

tukasa

今回ご紹介するのはあくまで一般的なものです。
中にはプロが使うような本格的な補修キッドを販売しているところもあります。
挑戦したいという方は購入してみてはいかがでしょうか⁉

フローリングをDIYで補修するためのキットって何がある⁉

住んでいて起こるフローリングの不具合は何もキズだけではありません。
打痕キズ、擦り傷、床鳴り、めくれ、シートの破れ等、さまざまです。

それでは、フローリングの補修キッドをご紹介します。

すり傷には!住まいのマニュキュア(ネット参考価格1,660円~)

出典:http://iyec.omni7.jp/top

【住まいのマニュキュア商品スペック】

セット詳細住まいのマニキュアミニ10色/ケース
成分アルコール、染料、合成樹脂
規格概要サイズ『約直径0.9*長さ11.5cm』容量『1cc』
商品詳細筆ペン先仕様で、細かいキズにもはみ出さず、ワンタッチできれいに着色・補修ができる。
床暖房のフローリングにも使用可。
ケース付
筆ペンタイプ10色入り、ダークオーク、ライトオーク、パステルグレーオーク、ミディアムブラウンオーク、
ナッツブラウン、ダークブロンズ、クリヤー、グレー、ブラック、マホガニーがあります。

すり傷に対応しているのが、この住まいのマニュキュア‼
フローリングすり傷用の補修キットです。

フローリング表面部分の白木色になった線キズに塗ることで、目立たなくしてくれます。
ただ、フローリング表面の加工によっては、色の乗りが悪く、どちらかというとカラーフロア―といわれるタイプのフローリングに適しています。
商品の使用方法と注意事項を守ってお使いください。

tukasa

このマニュキュア、機能性の高いフローリングには不向きです。
中には、マニュキュアを弾いてしまうフローリングもあります。
どちらかというと、色の濃いざらついたフローリングなどに向いています。

へこみキズとすり傷には!かくれん棒+住まいのマニュキュア各5色セット‼(ネット参考価格1,700円~)

出典:http://www.bike4peace.org/

【かくれん棒ミニ+住まいのマニキュアミニ(各5色セット)商品スペック】

セット詳細かくれん棒ミニ、住まいのマニキュアミニ各5色/ケース
成分かくれん棒ミニ/パラフィンワックス、流動パラフィン、牛脂硬化油、合成酸化鉄、カーボンブラック、酸化チタン
住まいのマニキュアミニ/アルコール、染料、合成樹脂
規格概要かくれん棒ミニ/サイズ『約直径0.9*長さ6.4cm』容量『約3g』・ 住まいのマニキュアミニ/サイズ『約直径0.9*長さ11.5cm』容量『1cc』

へこみキズとすり傷が混在している場合には、かくれん棒と住まいのマニュキュアのセットで補修できます。
へこもキズは、かくれん棒によって埋めて、すり傷には住まいのマニュキュアで隠すことができます。

このかくれん棒、ただキズに刷り込んで埋めるのでは、あまり上手くいかないと思います。

どう例えればいいのでしょうか?
チョコレートのようだといえばよいでしょうか、キズにそのまま刷り込んでも上手く埋まりません。

プロの場合、はんだごてのようなものを使って溶かしてキズに埋め込みます。
その後、タイミングを見計らってスクレーパー等で平滑にします。
ただ、埋めるだけでは難しいかもしれません。
商品の使用方法と注意事項を守ってお使いください。

tukasa

コテが付属しておらず、かくれん棒のみなので、扱いが難しいかもしれません。
プロの補修屋さんも、この手の補修材は使いますが、ホットナイフやコテと共に使っています。
かくれん棒を溶かさずに埋めれる穴はせいぜいコンセントの穴位のサイズでしょう。

へこみキズには!かくれん棒ミニ10色(ネット参考価格1,400円~)

出典:http://www.web-takigawa.co.jp/

【かくれん棒ミニ商品スペック】

セット詳細かくれん棒ミニ10色/ケース
成分パラフィンワックス、流動パラフィン、牛脂硬化油、合成酸化鉄、カーボンブラック、酸化チタン
規格概要かくれん棒ミニ/サイズ『W140×L150×H20』
ダークオーク、ライトオーク、ダークオリーブオイル、パステルグレーオーク、ミディアムブラウンオーク、ナッツブラウン、ダークブロンズ、ブラック、マカボニー、木目書き用茶

へこみキズなどの補修ができます。
上記と同じように穴に溶かして埋め込みます。
ただ、多くの色があるため調色が必要なフローリングの場合、色が合わせやすいといったメリットがあります。
商品の使用方法と注意事項を守ってお使いください。

tukasa

上記に書かせていただいたきましたが、使いずらいと思ったら、ホットナイフを購入してみては。
仕上げには、スクレーパーなどがあるといいんですが、ぶっつけ本番ですと、刃の部分でフローリングをキズつけてしまう恐れがあります。
ホームセンターでフローリングサンプルを購入し、コツを掴むために練習してみるも良いかもしれません。

キズなおしま専科(ネット参考価格3,800円~)

 

【キズなおしま専科商品スペック】

セット詳細電熱コテ・コテ台・シェラックつや有りA-21(透明),06,56,64,85・耐熱保護剤 10cc・木目ペン・スチールウールXS
成分スティック成分/合成樹脂、顔料
耐熱保護剤成分/油脂剤、鉱物油
木目ペン成分/アルコール、染料

床暖房フロアにも対応している(クレヨンタイプでは熱に弱いので適さない)フローリング用キズ補修キッドです。
耐久性・耐熱性に優れ、硬化時間5-10秒だから短時間で補修します。
どちらかというと、本格的なへこみキズ用補修キットで、電熱コテによって、スティックを溶かしキズに重鎮します。
ステックは硬度が高くかくれん棒と比べキズへの食いつきが良い。
商品の使用方法と注意事項を守ってお使いください。

tukasa

電熱コテが付いているものになります。
はんだごてのようなもので、スティックを溶かしてキズに埋めます。
その際、スイッチを入れっぱなしにしておくとフローリングを焦がしてしまう恐れがあります。
私の知り合いも実際に、焦がしてしまったことがあります。
コテの取り扱いには充分に注意してください。

大工さんの補修箱 電気コテセット(ネット参考価格5,700円~)

出典:http://www.4840.jp/

【大工さんの補修箱 電気コテセット 商品スペック】

セット詳細 シェラックつや消し12本(色No.103、104、137、138、144、156、161、163、178、350、900、980)
電池コテ(電池別売)、ツインマーカー(小)×2本、ゴシゴシスクレーパー、スチールウール、ウエス、ケース、説明書
ホットナイフ素材本体/PBT樹脂、先端/銅
スクレーパー素材ABS樹脂
成分シェラックつや消し成分/パラフィンワックス、顔料
ツインマーカー成分/アルコール、染料、合成樹脂

●施工現場に一つあると便利な補修キットです。
●フローリングや建具のちょっとした小さなキズを手軽に補修することができます。
●作業性の優れたシェラックつや消しスティックが12本入っており、付属のホットナイフで溶かして調色も可能です。

このクラスですと、実際に職人さんが補修に使っているケースもあります。
ただ補修専門職人さんでは無く、大工さんや内装屋さんなどが他補修材と合わせて使用している傾向にあります。
ホットナイフが電池式で使いやすく、色も12色あるので一般的な住宅の補修に向いています。
商品の使用方法と注意事項を守ってお使いください。

tukasa

これは、結構便利な補修キッドです。
内容が充実しているからです。
ただ、大きなキズの補修までは出来ません。
私たちも簡易補修用に常備していますが、ちょっとしたキズでも、すぐに補修できるのが魅力です。

家族で補修屋さん ライト(ネット参考価格3,000円~)

補修道具

出典:http://www.emlife.jp/

【家族で補修屋さん ライト 商品スペック】

セット詳細イージーリペアステック(シェラックつや消し)×4本(350、178、161、138)、電池コテ(電池別売)、ゴシゴシスクレーパー、ミニヘラ 。
ホットナイフ素材本体/PBT樹脂、先端/銅
スクレーパー素材ABS樹脂
スティック成分パラフィンワックス、顔料

姉妹品にイージリペアキットがあります。
上記の大工さんの補修箱と同じくホットナイフが着いているため、本格的な補修ができます。
ある程度のキズに対して充分なスペックを持ちます。
その特長はというと
●シェラックつや消し4色、ゴシゴシスクレーパー、電熱コテのセット。床のキズ補修に手軽に対応できるセットです。
●硬度と柔軟性を兼ね備え、電熱コテを使用せずホットナイフとゴシゴシスクレーパーで充填部分を平らに仕上げることが出来ます。
●熱に弱い素材(オレフィンシート・塩ビシート等)を補修するのにも適しています。
【注意事項】
●シェラックつや有りとイージーリペアスティック(シェラックつや消し)とを混色することは出来ません。
●電池別売:単三電池×2本。
になります。
注意事項ですが、ホットナイフのコテ先は大変高温となりますので、火傷には充分に注意してください。
補修の目的以外では使用しないでください。
火気のある所には近づけないでください。
ゴシゴシスクレーパー、ミニヘラをホットナイフに直接接触させないでください。
使用後はホットナイフの電池を抜き、幼児の手の届かない高温多湿を避けた所に保管してください。
商品の使用方法と注意事項を守ってお使いください。

tukasa

大工さんの補修箱からグレードを一つか二つ落としたものになります。
ホットナイフは便利なのですが、色が充実していません。
1、2箇所の補修なら良いのですが、ずっと使いたいのなら、色が豊富に付いていたほうが良いです。
絵を描くのに絵の具がたくさんあった方が色が出しやすいように、補修にあたっても色があった方が便利ですし、時間が短縮できます。

ウッドリフレッシュワイド セット(ネット参考価格2,200円~)

補修材7

出典:http://orb-jpn.com/index.html

【ウッドリフレッシュワイド セット 商品スペック】

成分イオン交換水、水性合成樹脂、着色剤、添加剤
用途屋内木部補修用

リペア(キズ補修)の講師が考案した、建築業者や内装業者のプロが実際に使っているフローリングや家具のキズ消し補修マーカーと保護マーカーセットとのこと
その特徴は
●フローリングの木目を消さずに、傷だけを見えなくする。
●擦り傷や、ペットの引っかき傷、白く木地の浮き出た傷を、元通りの色に戻してすっきり目立たなくする。
●水性塗料でニオイも気にならず手も汚さずだれでも簡単にキズの補修が可能。
●1~3回程度塗り重ねで微妙な色の調整も可能。
●仕上げの保護剤を塗り込めば補修箇所も長持ちし日常清掃でも落ちにくい。
●フローリング以外にも扉、扉枠、手すり、階段、椅子、机、肘掛け、家具など木製品であれば補修することが可能。
●塗り重ねて濃淡を調節できるので大体の茶系の木製品に対応可能。
●色があわなく失敗しても乾燥前であれば何度でもやり直し可能。
となっています。
商品の使用方法と注意事項を守ってお使いください。

tukasa

着色効果によってキズを隠します。
ただ、フローリング表面の仕上げ方によっては相性が悪いものがあります。

ギシギシストッパーミニ(ネット参考価格3,500円~)

出典:http://www.web-takigawa.co.jp/

【ギシギシストッパーミニ 商品スペック】

セット内容注入液50cc×2本/洗浄液10cc×1本/硬化促進剤10cc×1本/注入器×1本/針×1本/布、手袋×1式
成分注入液 ウレタン樹脂87プラスマイナス2%
洗浄液 エチルアセテート(1%より上)、エタノール(1%より上)
硬化促進剤 メチレンクロライド

今までご紹介したのは、床のキズの補修キッドでしたが、実は床のお困りごと、軋み音や床鳴りが結構あるんです。
ギシギシストッパーミニは、木質床材の浮きそりが原因による床鳴り(キシミ)を防止する補修用品です。
注入後の根太、木材の収縮に対応します。
注入器・洗浄液(床に付着した注入液の拭き取り)が付属しています。
商品の使用方法と注意事項を守ってお使いください。

tukasa

いわゆる床鳴り防止剤です。
硬化剤が必要ない一液タイプのものもあります。
床鳴りを接着剤で固めて直すものとロウなような成分を流し込んで直すものがあります。
床鳴りには、いくつかの種類がありますが、サネ同士がこすれて鳴るものに効果的です。
使用に際しては、何が原因で床鳴りしているか見極める必要があります。

建築一般用瞬間接着剤 シュンカンロック(ネット参考価格)

出典:http://www.tilement.co.jp/index.html

【シュンカンロック 商品スペック】

容量H(高粘度タイプ)50g
L(低粘度タイプ)50g
材質/仕上シアノアクリレート

【特長】
・石材欠損部補修、目地固定接着、目地スペーサー接着などの接着施工に適した瞬間接着剤です。
・低粘度タイプです。
フローリングの浮きなどに使用します。
ただ、補修で納まるかも見極める必要があります。
また、しっかりとした養生が必要です。
張替を想定しているけど、その前に何とかしたいという方には
商品の使用方法と注意事項を守ってお使いください。

tukasa

現場用瞬間接着剤です。
フローリングにはさまざまな種類がありますが、単板が数ミリあるものは時として浮いてしまう事があります。
そういった時に、部分的に注入して使います
ただ、上手くやらないと返ってフローリングを痛めてしまう原因になります。

木質フロアー目地補修用 ウッドシール(ネット参考価格700円~)

出典:http://twitter.com/cemedinecoltd

【木質フロアー目地補修用 ウッドシール 商品スペック】

サイズ53×269×87mm
容量530g

主にフローリング目地の隙間や、巾木とフローリングの隙間に充填します。
フローリング材・巾木など各種木部のすき間やキズの充てんに適しています。
硬化後は、塗料がのります。
アクリル系充てん材(ダークブラウン)用途:木質フロアーの継目、壁とのすき間の充てん等

tukasa

住まいの中には、数年経ってからフローリングのすき間が目立つようになることがあります。
また、巾木下端の隙間が目立つようになることもあります。
ほとんどの建材は春夏秋冬を通して伸縮があるからです。
そういった、すき間を充填するのに使われます。
何種類もの色が販売されていますので、住宅の建材に合わせた物を購入しましょう。

どの程度のキズなら補修は自分で行えるのか⁉

ここで、こんな疑問を持たれると思います。
どの程度のキズなら自分で補修できて、どの程度なら自分で補修できないのかって?

フローリングには、キズが付きやすいものとキズが付きにくいものがありますが、それは樹種によるものなのか、性能を付加したことによるものなのか、表面化粧シートによるものなのかで異なります。
性能とは、擦りキズに強い加工や打痕キズに強い加工などのことをいいますが、そういった性能を付加したフローリングの補修は難しいといえます。
防汚処理などされていに一般的な材料であれば、色が付きやすいパテが埋まりやすいなどの理由から補修がしやすいといえます。

マンションやアパート、ハウスメーカなどの住宅にはこの手のフローリングが多いです。
またフローリングの柄によっても補修のしやすさは違います。

補修のしやすいさしにくさについては、こちらをご覧ください。

 長野県長野市のしろくまペイント|外壁塗装、塗り...
自分でフローリングを補修する方法と便利すぎるDIY補修キットBEST3
自分でフローリングを補修する方法と便利すぎるDIY補修キットBEST3シロクマくんみなさん、こんにちはしろくまペイントです。本日は、ツカサさんよりフローリング補修...

最後に

いかがだったでしょうか⁉

今では、プロが使っている補修キットも売られています。
自分で直せるとなると費用も少なくてすみます。

また、一度覚えてしまえば、案外応用が効くのも補修キットを利用した補修ならではです。
しかし症状によっては、補修が難しいものがあります。

業者探しについては地元業者をおすすめします。
ネットで探せるか分かりませんが、それほど補修費用が高くない場合も多いからです。
そういった時には交通費などの諸経費だけで、それなりの金額がプラスされてしまいます。

知り合いに建築関係のお知り合いがいれば相談してみてはいかがでしょうか⁉

関連記事

  1. 石材の利用

    外装や内装に使われる石材の種類と特徴とは!?

  2. 木島平村でおススメしたい温泉