色シリーズ!塗装で後悔しないためにも読んでおきたい色決めの極意1!

塗料によって出せる色と出せない色がある

塗装会社選びが終わり、塗料を決めた後、次に問題になるのが色選びです。
塗り替えを行うと決めた時”黒と白にしようかな””黒と茶色にしようかな””青を使いたいな”って、すでに色選びを始めている方もいると思います。

ここで、理解しておきたいことがあります。

実は、塗料によって使える色が限られてくるものがあるということです。
特に機能にも色にもこだわりたいという方は、どちらかを諦めなければならないことも考えられます。
どちらが優先順位なのか、前もって決めておくことが望ましいです。

基本的には、塗料を決めてから、その塗料の出せる色を確認した後に色を選びましょう。

周囲との環境と色のバランスの考え方

折角だからこれまでとは違う色にしようかなって思っても周囲の住宅とのバランスも考えなきゃいけないし・・って頭を悩ませている方もいるでしょう。
今回は、そんな悩みを解決するための色の選び方をご紹介します。

まず、地域によって使える色と使えない色が指定されている条例があります。
景観条例です。

ほとんどの地域では、奇抜な色を使わない限り条例違反にはなりません。
ただ、国宝や文化財などの建物が多い地域や観光地として景観を大切にしている地域では使える色を押さえておく必要があります。

これらに基づいて、使いたい色を依頼する業者さんに伝えれば、周囲とのバランスが取れたカラーシミュレーションを提案してくれるはずです。

色の見え方の効果とは⁉

外壁を塗り替える場合3色に抑えることが基本です。
色を多く使うことで、まとまりのない色使いになってしまうからです。

多くの方が、ベースカラー1色で塗り替えか、ベースカラーとアクセントカラーの2色での塗り替えを選ばれます。

1色だと、今までの雰囲気と同じように、2色だとメリハリのついたツートンカラーに仕上がります。
外壁も屋根についても面積が広いだけに、色の選び方一つで印象がガラッと変わります。
塗装に使われる人気の色と、その効果はどのようなものなのでしょうか⁉

黒系

白系

白い塗料を外壁に塗った場合は家を広く見せてくれる効果があります。
どんな色とも相性が良いとされ、ドアなどの色を気にせずに使えるメリットがあります。

グレー系

グレー系は外壁を塗った場合、そのくすみから落ち着きのある家を演出してくれます。ツートンカラーの合わせ方では、モダンな家が演出できます。

ブラウン系

ベージュ系とダークブラウン系の中間に位置する色合いで、濃すぎず薄すぎない絶妙なバランスで家具などのインテリアを引き立ててくれます。
濃さによっては、ベージュ系とダークブラウン系のどちらかの特徴に近づきます。

ベージュ系

人気のベージュ系です。
外壁にベージュ系の色を塗った場合、暖かみのある印象になります。
明るさや暖かさがほしい時に好んで使われています。

白系と同じように他の色との相性が良いので、組み合わせやすい色です。

The following two tabs change content below.
霜鳥裕達
hirotatsu shimotori 一級内装仕上げ施工技能士/長野を愛し、長野を良くしていきたいとの思いから、長野の記事など書いてます。皆様の目にとまるよう、内容を充実させていきます。記事を通して長野の活性化につながれば幸いです。

関連記事

  1. 部屋の空気をキレイにする塗料『パーフェクトインテリアエアクリーン』

  2. トタン屋根塗替え用塗料『K’sスーパールーフシリーズ』

  3. アイキャッチ

    スレート屋根塗替え用塗料『K’s スーパーベストシリーズ』

  4. アイキャッチ

    水性反応硬化形ハルスハイリッチシリコン樹脂塗料『アレスダイナミックTOP』

  5. アイキャッチ

    高耐候1液水性アクリルシリコン樹脂つや消し塗料『アレスシルクウォール』

  6. お家のブロック塀をキレイにする塗料が発売されました。