電源コンセントの設置の考え方とは!?

電源コンセントの設置の考え方とは!?

■ リフォームを行おうと考えている方、コンセントはどうしますか!?

みなさんこんちは
しろくまペイントです。
これからリフォームしたいと思ってる方も多いはず。

そこで本日は、コンセント設置に対する考え方をご紹介します。
この記事作成にあたっては、我が社のビジネスパートナーである大洋電設工業の石川君に取材協力いただきました。

当たり前のことですが、住まいには、あらゆる家電製品が使用されています。
そんな家電製品ですが、以前に比べて増えています。

パソコン、ルーター、プリンターなどが当たり前に住宅にあるようになりました。

これらの家電製品コンセントに差し込まなければ電気が通電しないので、使用することが出来ません。
多くのコンセントがあれば良いのですが、コンセントに限りがあったりすると「どれを抜こう」なんて優先順位を考えてしまいますよね。

流れの早い時代、今後更に便利な家電製品が開発され、一般的に使われてるのが当たり前になるとも限りません。

石川君曰く、現在よりも多めにコンセントを設置するのがコツだとか!
それでは、コンセントの数と位置はどうすればよいのでしょう

・テレビ周辺

娯楽や日常の出来事を把握出来るテレビは欠かせない存在となっています。

そんなテレビ周辺にはコンセントが3口は必要と考えられます。
テレビ用、DVDデッキ用、さらにはゲーム用が最低でも必要となってきます。

またテレビは部屋の模様替え時に移動させる事も多い為、部屋の隅各所にコンセントを設置する事でさまざまな模様替えを行う事が出来ます。

・リビング内

リビングは家族が集まる場所や家で過ごす際に最も滞在時間が長くなるスペースとなっています。

そんなリビングは他の間取りと比較すると広くなっている事が多い為、部屋の真ん中あたりに設置する事が便利となります。
またリビングはあらゆる家電製品が使用される部分となっています。

季節家電やパーティ―に欠かせないホットプレート、さらには金魚の水槽に使用される酸素ポンプや電動マッサージ機といった雑多な物が使用され易いスペースです。
少なくても4口以上設置する事で、満遍なく使用出来る数と言えます。

また3口のコンセントを2箇所、3箇所と設置する事で模様替えにも柔軟に対応出来ます。

・エアコンのコンセント

夏は涼しく冬は暖かくしてくれるエアコンは無くてはならない存在です。
エアコンは室外機を外へ設置しなければならない為、外壁側へコンセントを設置しなければなりません。

さらに2階にもエアコンを設置する事となりますが、室外機のおけるスペースとコンセントの位置をしっかりと把握しなければ不要な箇所に設置してしまう事となってしまいます。

エアコン用はコンセントが2口あれば十分と言えます。
また一般家庭のエアコンは100Vで対応可能ですが、広い間取りで使用されるエアコンでは200Vのコンセントが必要とされてきます。
後々、変更も可能ですが追加料金が掛かってしまいます。

位置と高さの考え方!

コンセントの設置する考え方として、高齢者がいることで変化が必要なことはご存知ですか!?

あまりに低い位置にコンセントを設置してしまうと、年配の方の体の動作がついていけないことから負担になってしまうのです。
特にしゃがんだりの作業はつらいので高めに設置することがポイントです。

 

また、家電によっても必要となる位置が異なります。

例えば、一般のコンセントでは25cm前後、洗濯機用には、105cm~110cmが良いとされています。
使用する家電製品も考えてコンセントの位置を決めましょう。

いつも懇意にしている電気屋さんがいると思います。
これらを踏まえて相談してみてはいかがでしょうか?

関連記事

  1. 限られた予算で最高のリフォームをするための方法とは?

  2. 耐震性

    地震に強い木造住宅の条件とは!?

  3. 防災設備って何がある!?長野市のしろくまペイント

  4. 漆喰

    健康住宅に取り入れたい!自然素材でできた壁材を徹底解説!長野市のしろくまペイント

  5. 床下

    床下や小屋裏の湿気をなくす方法とは!?

  6. フローリング

    あなたは知っている?抑えておきたいフローリングの種類とその性能とは?木質フローリング編・長野市のしろくまペイント