居心地のよいリビングにする方法とは!?

リビング

居心地のよいリビングにする方法とは!?

居心地の良いリビング

リビングという空間は、家の顔といっても過言ではありませんよね。
家族にとっても、安心できる居心地の良い場所だと思います。
しかし何も考えないで、闇雲に家具を配置したり、色んな置物や飾りで部屋のレイアウトを行ってしまうと、バランスを損ね、居心地の良い場所と言えなくなりますね。

では、一体どうしたら居心地のいいリビングにできるのでしょうか?
まず、統一感を大事にすることを心がけます。

モノトーンのシックな雰囲気にするのか、または色合いを揃えて全体的な統一感を出します。

色合いを揃える場合、例えばメインカラーを緑としましょう。

もちろん、緑色のものを多く配置することになります。
家具で緑色はあまりないので、この場合は小物や飾りを緑色のものを選びましょう。

そうすることによって、全体的な統一感が生まれリラックスできる空間に変わりします。
もちろんすべて同じ色で揃えるのではなく、部分的に意識して取り入れる事が大切です。

とにかく、複数の色でごちゃごちゃさせてしまうとリビングは見栄えが悪くなります。
もっと雰囲気を作りたいのなら、照明にも拘ってみましょう。

天井に一つの大きな照明を設置するのもいいですが、居心地のいいリビングをデザインするなら複数の間接照明を使ってみるのも手です。
ムードがとても良くなりお洒落な空間に様変わりします。

そして忘れてはいけないのが観葉植物です。
リビングに観葉植物を飾ることによって生命感といいますか、自然の暖かさが生まれます。
やはり植物というのは安らぎを与えてくれますからね。

どんなテーマの部屋に設定しても観葉植物はマッチするでしょう。
アジアンテイストのスタイルでしたら、プルメリアの花などを効果的に使っても似合うでしょう。

このように自然に関連した物を置くことでより効果的に居心地のいいリビングを作ることができるのです。

最後に

必要以上に物を置かないことです。
どうしても毎日暮らしている場所ですので、余計な物など置いてしまいがちですよね。
もしそうなったら、すぐに片付ける習慣を付けましょう。

物が散乱しているリビングはとても落ち着く場所とはいえませんよね。
以上のように、居心地のいいリビングにするためには、まずはテーマを決めて統一感を大事にします。
そしてそこにその雰囲気に沿った家具や小物を効果的に配置しておきましょう。

そうすることで、自慢の居心地のいいリビングが完成するはずです。

関連記事

  1. 限られた予算で最高のリフォームをするための方法とは?

  2. 耐震性

    地震に強い木造住宅の条件とは!?

  3. 防災設備って何がある!?長野市のしろくまペイント

  4. 漆喰

    健康住宅に取り入れたい!自然素材でできた壁材を徹底解説!長野市のしろくまペイント

  5. 床下

    床下や小屋裏の湿気をなくす方法とは!?

  6. フローリング

    あなたは知っている?抑えておきたいフローリングの種類とその性能とは?木質フローリング編・長野市のしろくまペイント