家族の一員としてペットを飼うためのリフォーム

家族の一員としてペットを飼うためのリフォーム

家族の一員としてペットを飼うためのリフォーム

みなさんは、ペットを飼っていますか?
犬も猫もとても可愛いく、ペットは私たちにとって家族であり癒しですよね。
ですが、そんなペットを普通の家で飼うことは、ペットにとってあまりよくないことだと知っていましたか?

実は、今の住宅には、いたるところに化学物質が使われています。

その中には揮発性のものがあり、空気中に化学物質が放出されます。
そういった化学物質は空気より重いので部屋の下の方に溜まります。

部屋の下の方に溜まっているので、大人の人間にはあまり影響がないのですが、犬や猫、赤ちゃんは大きく影響を受けるのです。

 

他にも床や壁に使われている化学物質をペットがなめると、これもペットには大きな害があります。
こういったことが、原因でペットは病気やアトピー、アレルギーなどになってしまうのです。

そこで、ペットを家族として大事に健康に飼っていくためには、家をリフォームする必要があります。
今回は、その中でもオススメのリフォームをご紹介します。

1、珪藻土

まずは壁と天井の素材を珪藻土に変えるリフォームです。珪藻土とは植物プランクトンの化石が石になったものです。
消臭効果や調湿効果があるので、ペットにとって快適なだけでなく、人間にとっても快適な部屋になります。

 

2、腰壁

ペットが壁を引っかいたりしてぼろぼろになった、なんてことありませんか?まず、ひっかいて出てきた細かい壁の塵をペットが吸い込むことでかなり有害になっています。
さらには、人間にとっても壁紙が汚くなることは、避けたいですよね。

そこで、腰の高さまで板張りにするリフォームがオススメです。
こうすることで、ペットが壁紙をひっかく問題を防ぐことができます。

どうだったでしょうか。他にも、ペットのためのリフォームは様々な種類があります。そこで、共通して大事なことは自然のものを使うということです。
化学物質をできるだけ減らして、自然の素材を多く使った家にすることで、ペットにとってはもちろん、人間にとっても快適な家にしましょう。

関連記事

  1. 限られた予算で最高のリフォームをするための方法とは?

  2. 耐震性

    地震に強い木造住宅の条件とは!?

  3. 防災設備って何がある!?長野市のしろくまペイント

  4. 漆喰

    健康住宅に取り入れたい!自然素材でできた壁材を徹底解説!長野市のしろくまペイント

  5. 床下

    床下や小屋裏の湿気をなくす方法とは!?

  6. フローリング

    あなたは知っている?抑えておきたいフローリングの種類とその性能とは?木質フローリング編・長野市のしろくまペイント