住まいのチェックポイントって?

住まいのチェックポイントとは

住まいに点検が必要です

メンテナンスを怠れば

住まいの点検にあたり、住宅にどのような材料が使われているのか理解しておく必要があります。

みなさんこんにちは
しろくまペイントです。
本日は、住まいのチェックポイントについてご紹介します。

住まいはさまざまな部位・部材から造られております、しかしながらその劣化の進行はその部材ごとに違います。
そのため、住宅にどのような材料が使われているのか理解しておく必要があります。

例えば壁材自体の寿命が20年以上あったとしても、隣り合う素材の寿命が短いにも係らず、メンテナンスを怠れば壁にも何らかのトラブルを起こす可能性があるのです。

逆に言えば、点検をきっちり行い、適切にメンテナンスを行えば必ず長持ちするのです。
住まいのチェックを行い、おかしな点や気になる箇所があったら業者などに相談してみましょう

住まいのチェックポイントについて

外壁

外壁に劣化は見られませんか?

外壁に劣化は見られませんか?

表面塗装が変退色していないか?劣化してないか?。
藻やコケなどは見られないか?
仕上げ材にき裂・損傷・変形・浮き・さび・腐食などは見られないか?
シーリング材にき裂や変形・痩せなどが見られないか?
シーリングが固くなっていないか?

基礎

基礎にクラックは見られませんか?

基礎にクラックは見られませんか?

基礎にクラック・変形・損傷はないか?
シロアリの形跡はないか?
建築物の沈下や浮上はないか?
藻やコケなどは見られないか?

床下

床下も点検を行いましょう

床下も点検を行いましょう

シロアリ・カビが無いか、給水管・排水管からの水漏れはないか?
床材に・損傷・変形・浮き・腐食などは見られないか?
藻やコケなどは見られないか?

バルコニー

バルコニーに藻やコケなどは見られませんか?

バルコニーに藻やコケなどは見られませんか?

防水面に劣化や亀裂が見られないか?
雨水の浸入はないか?
藻やコケなどは見られないか?
仕上げ材にき裂・変形・損傷・浮き・さび・腐食・塗装の劣化などは見られないか?
接合部にゆるみはないか?
シーリング材にき裂や変形・痩せなどが見られないか?

屋根裏

屋根裏の材料に変形・損傷・浮き・腐食などは見られませんか

屋根裏の材料に変形・損傷・浮き・腐食などは見られませんか?

雨染みは無いか・建材の状態は良いか?
屋根裏の材料に変形・損傷・浮き・腐食などは見られないか?

屋根

屋根に藻やコケなどは見られませんか?

屋根に藻やコケなどは見られませんか?

瓦のずれはないか?
藻やコケなどは見られないか?
シーリング材にき裂や変形・痩せなどが見られないか?
仕上げ材にき裂・変形・損傷・浮き・さび・腐食・塗装の劣化などは見られないか?
排水状態は良いか?
取り付け金物にぐらつきや、腐食・さび・損傷・ゆるみはないか?

住まいの劣化が早まる要因

下記にお客さま自身でできる住まいのチェックシートをご用意しました。定期的にチェックしてみましょう

下記にお客さま自身でできる住まいのチェックシートをご用意しました。定期的にチェックしてみましょう

☑ カビや、コケの繁殖による建材へのダメージ
☑ 漏水や雨漏りによる腐食
☑ 損傷の放置による被害拡大

より詳しくはしろくまペイントの担当がお伝えしています。
住まいに気になる箇所がありましたら、まずはご相談ください。

お客さまでできる住まいのチェックシートはこちら

チェックシート1

関連記事

  1. トタン屋根塗替え用塗料『K’sスーパールーフシリーズ』

  2. アイキャッチ

    スレート屋根塗替え用塗料『K’s スーパーベストシリーズ』

  3. アイキャッチ

    水性反応硬化形ハルスハイリッチシリコン樹脂塗料『アレスダイナミックTOP』

  4. アイキャッチ

    高耐候1液水性アクリルシリコン樹脂つや消し塗料『アレスシルクウォール』

  5. 無理な工程での施工は大事故の原因となります

  6. 限られた予算で最高のリフォームをするための方法とは?